FC2ブログ

2019-08

修道士カドフェルの出現 修道士カドフェル短編集(エリス・ピーターズ)

修道士カドフェルの出現 (現代教養文庫)
  • 発売元: 社会思想社
  • 発売日: 1997/03

(2012年感想60冊目。)
 
原題 A Rare Benedictine
エリス・ピーターズ 著 岡本浜江 岡達子 大出健 訳
おすすめ度★★★★★(カドフェルは初めて読みましたが、すっかり虜です)

いや、どの道を通ろうと、行く手に目印の光など見えはしない。この世は広くて美しく、興味は尽きないが、道しるべなど、どこにもありはしないのだ。(p18)


エリス・ピーターズの修道士カドフェルシリーズの短編集。
「ウッドストックへの道」「光の価値」「目撃者」の3つの短編を収録しています。

カドフェルはずっと前から興味があったのですが、読むのは初めて。とっつきやすそうという理由で、いきなり最後に訳出された短編集から読んだのははたしてよかったのか悪かったのか!? 初めて読むのですが、(個人的には)短編集から読んで正解だったかも。長編を読んだことはありませんが、短編集にもカドフェルのエッセンスが詰まっているように感じました。

特にこの短編集は、カドフェルが修道士への門をたたいた理由からじっくり読むことができて、非常に満足です。三つの短編の中で、やはり印象的なのは最初に収録されている「ウッドストックへの道」でしょう。40歳を迎え、人生の岐路に立たされたカドフェルのまとう黄昏のような雰囲気が何とも魅力的です。それでいて、事件はなんとも後味がいいというか、優しい幕切れというか、余韻を持たせています。

カドフェルの探偵としてのスタンスは、だれに対しても公平なところが、魅力であるのでしょうね。そんなカドフェルに、すっかり夢中になりながら読んでしまいました。
修道士になり、薬草園を任されたカドフェル。そんな彼がかかわる事件にもたらすものは、カドフェルのような老境の人間だから導き出される、優しさなのですよね。

12世紀のイギリスの雰囲気も、本当によく伝わってきて素晴らしかったです。修道士たちの暮らしぷりなどを読んでると、読者も修道院で暮らしているような何とも言えない味わいがあります。この本を読みながら、夕べの祈りが聞こえてくるような、そんな気分になりました。長編も折を見て読んでいこうと思います。
カドフェル、好きです。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



折れた竜骨

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
  • 発売元: 東京創元社
  • 価格: ¥ 1,890
  • 発売日: 2010/11/27

米澤穂信 著
お勧め度★★★★★(とにかく雰囲気が好みで、大変お勧めできる一冊です)

『折れた竜骨。ニコラ、ヨーロッパのどこかでそう聞いたら戻ってきて』

米澤さん初読です。この本は方々で評判がよく、大変自分好みの雰囲気の作品だったので読んでみました。
これはとても面白かった! 何より雰囲気が良いです。 
中世のイングランドを舞台にしていて、そこには魔術が存在し、呪いも存在する……。
魔術はすぐそばにあり、でも人々に恐れられている暗い時代。波音が絶えず聞こえる島で起きる事件。たまりません。

語り手は領主の娘のアミーナ。探偵役は騎士であり魔術師でもあるファルク・フィッツジョン。助手は従者のニコラ・バゴ。この3人を中心に、呪われたデーン人のトーステン・ターカイルソン、マジャル人の女傭兵ハール・エンマ、サラセン人の魔術師スワイドなど、個性豊かで一癖も二癖もある登場人物が活躍します。
私のお気に入りはファルクとトーステンですね。
ファルクは理知的で落ち着いた様子がなんとも格好良いし、何より探偵で魔術師で騎士という、ファンタジーの髄を集めたような設定が良いです。最後に関係者全員を集めて犯人を暴くという儀式をしてくれるところも、なんとミステリ心をくすぐることでしょう。本当に恰好いいです。

トーステンはアミーナとの友情と、最後に見せたアミーナの侍女ヤスミナとの交流が好き。エンマも含め、彼らの行く末に幸がありますようにと願わずにいられません。
あと、活躍は少なかったですが、吟遊詩人のイーヴォルド・サムスと従騎士のエイブ・ハーバードも、実直な人柄が出ていてお気に入り。
とにかく、ファンタジーとミステリが融合したような作品で、その独特の雰囲気がたまりません。
登場人物も一人ひとりが個性的で見せ場があり、この1作品にとどまらず、もっと活躍を見せてほしい人ばかりでした。続編があれば読みたいなと思います。

ミステリとしては、途中でなんとなくわかっちゃう(というか丸わかり?)感じもするのですが。まあ、楽しんだもの勝ちですね。
そもそも、犯人が読者にわかってしまうことが、この作品での一番の驚きとか、読むべきところではないと思うので。

とにかく、久しぶりに、自分の中ではとてもヒットしたミステリ作品です。
ミステリとファンタジーが両方好きな人には特にお勧め。魔法の設定がしっかりしていて面白いのですよ。
文庫に落ちたら、是非購入したい作品です。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様