FC2ブログ

2019-10

魔術師の城塞 - ベルガリアード物語〈4〉/デイヴィッド・エディングス 著




(2018年読書感想10冊目)

一年近くに及ぶアルダーの珠の奪還の旅に成功したガリオン。しかし、彼は西方の大君主、鉄拳のリヴァの末裔であり、光の子。ベルガリオン王としてリヴァの王に即位することに。(そんなことは聞いてない)
普通のFT小説ならここでめでたしめでたしなのだが、終わらないところがこのシリーズの心憎いところ。何しろガリオンは自分の素性について聞かされていないのだし、ポルおばさんもベルガラスおじいさんも、もっと衝撃的な隠し事を彼にしている。今までしがない農園の鍋磨きだったガリオンが、西方の諸国を束ねる大君主であると、周りの大人は知っていて、即位式が行われると、今までの砕けた態度がよそよそしくなる様は、読んでいて何とも暗鬱した気分になりますが、ガリオンも、彼の「予言によって定められた花嫁」セ・ネドラも自分が本当にやるべき運命を知り、運命が自分の主であると受け入れ、もっと大きい何かのために、成長を余儀なくされる様は何とも言えない感慨を読者に与える。
何度目かの再読ですが、いつも思うのは、ベルガリアード物語は、「様々な形の愛の物語」だということです。自身のガリオンへの愛を受け入れたセ・ネドラがいじらしくて私は好感を覚えます。
ガリオンは、自身が光の子であり、邪悪な神トラクと、「どちらかが死ぬまで戦わなければいけない運命」であることを知り、多くの人を巻き込まないためにも、ベルガラスとシルクの2人とともに、リヴァを抜けだし、再び旅の人に。
ドラスニアを通るわけですが、そこでドラスニアの王子であるシルクの意外な弱点(母親への深い愛)を知る下りは、やはりそれが愛のためであるゆえに、深い印象を残します。
ガリオンたちが3人で旅してる間、残された人々は来るべき戦争のために兵を終結させます、この流れは「指輪物語」を彷彿させます。最終巻である5巻はこれらの顛末が描かれるのですが、この4巻目も印象的なシーンを多く含んでいる佳作だと思っています。
ドラスニアの沼地の魔女の話とか好きなのですよね。ベルガリアード物語の魔法は<意志>に由来し発動するので、派手さはなくて地味でさえありますが、その魔法はやはりファンタジーであり、印象的です。

この本の概要

著者 デイヴィッド・エディングス
本(作者)の国籍 アメリカ
訳者 柿沼瑛子
イラスト HACCAN
出版社 早川書房
レーベル ハヤカワ文庫FT
ジャンル ハイファンタジー
ページ数 605P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ4作目
なぜこの本を読んだか このシリーズが好きだから
本の入手方法 ネット書店にて購入

収録作品


内容

高僧クトゥーチクとの戦いのすえ、ガリオンとベルガラス一行はついに“珠”を邪神のしもべの手から奪還することに成功した。“珠”を本来あるべき“リヴァの広間”に安置すれば、旅は終わり、かつてのような農園での暮らしに戻れるのではと期待したガリオン。だが“珠”がかれを歓迎する喜びの歌は鳴りやまず、「運命」の一語だけを話す不思議な少年を介して、“予言”はガリオンをさらに壮大な宿命へといざなうのだった…。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

スポンサーサイト



ふしぎな八つのおとぎばなし/ジョーン・エイキン 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2016年読書感想32冊目)



この本の概要


著者 ジョーン・エイキン
本(作者)の国籍 イギリス
訳者 こだまともこ
イラスト クェンティン・ブレイク
出版社 冨山房
レーベル 
ジャンル フェアリーテール
ページ数 192ページ
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? ノン・シリーズ(短編集)
なぜこの本を読んだか。エイキンの本が好きだから。
本の入手方法 図書館で借りてきました。

   
おすすめ度

感動 ★★
面白い★★★★
人に勧めたい ★★★
驚き ★★★★
学んだ ★★★

この本を評価するなら 77点くらい。やはりエイキンは面白い。もう少しこの世界に浸っていたいくらい。

収録作品

雲深き山をこえて
燃えろ、燃えろ、かげぼうし
メリュシーナ
バスケットいっぱいの水
リコリスの木
怒り山
冬の夜にさまよう
落ちていく世界をつかまえろ

受賞・ノミネート情報など
不明


本のあらすじ(「BOOK」データベースより)


エイキンとブレイクのコラボレーションによる本書は、まさに現代のおとぎばなし。森をさまようクマと結婚したいむすめ、海の王ネプチューン、お姫さまやまじょ、歌をうたう青いくつや、ピンクのヘビも登場する。火星人にすてられたかいじゅうや宇宙でのサッカーの試合!まほうとなぞに満ち、ユーモアあふれ、しかも古典の味わいをもかねそなえた魅力たっぷりの短編集。小学校低学年からおとなまで。


この本の感想
やはりエイキンはただの作家ではないな、とこの本を読んで本当に思いました。
エイキンの物語はとにかく不思議で、その想像力、イマジネーションの豊かさには何度読んでもわくわくしたり、脱帽したりするけれど、何よりも彼女の著作には何とも言い難い中毒性があると思います。
短編を書かせたら特に魅力的で、本を一冊読み終わると、もっともっとエイキンの織り成す物語が読みたいと思ってしまう。彼女の物語は私にとってそういったものです。
今回の短編集は、どこか冬の夜のような悲しみが付きまとていて、それがとても印象的でした。
おとぎ話はめでたしめでたしで終わるものが多いけれど、エイキンのお話はそう行くとは限らない。でももちろんそういう風に終わることもある。自由自在の話の構成も、エイキンの魅力と言えるでしょう。
どのお話も面白かったけれど個人的に好きなのは古典的なおとぎ話の手法にのっとった「メリュシーナ」と、人類の創成期とでもいうような、発想がとても面白い「落ちていく世界をつかまえろ」の二本かな。
エイキンの著作はそれなりに読んだつもりだけれど、まだまだたくさんあるので、もっともっっと読みたい。読書の楽しみを教えてくれる素敵な一冊です。




心に響いたシーンなど
冬の夜をさまよう、の最後のオチ。
哀しいお話が多かった本書だけれど、その中でも特に悲しかった。


主な登場人物

短編集につき割愛



こんな本が好きな方におすすめの本です。
不思議なお話が読みたい方に
おとぎ話が好きな方に


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

『ユニコーンの乙女 決戦のとき』/牧野礼 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2015年読書感想69冊目)

牧野礼 著 
sime イラスト

   
おすすめ度★★★★☆(児童書だけれども大好きなシリーズでした。読めて良かった!)


この本の概要
日本の児童書作家、牧野礼さんの著作、「ユニコーンの乙女」シリーズの三作目にして最終巻。
レーベルは講談社青い鳥文庫。
児童書ですが、大人の読書にも耐えうる、ドキドキワクワクのファンタジー小説です!

本のあらすじ

旅を続ける月影の家のユニコーンの乙女ラーラと、ユニコーンのルッカ、テミス賢王国の女王ロトと王家のグリフィンであるネロ、王国の秘密を託されている宮廷建築士のダリオスの息子エーリオの五人は、私欲で王国を自分の物にしようとしている大臣、ブーエの罠と知りつつ、王都に戻ることに!
仲間たちの絆も深まる最終巻!



この本の読みどころと感想


児童書と侮るなかれ。美しい世界観、ドキドキの展開。ファンタジー小説の全てがここに

私はユニコーンが好きなので、このシリーズも、店頭で題名に惹かれて購入してであったものです。最初は。「青い鳥文庫なんて、十数年ぶりだし、大丈夫かな……」とおもった読書でしたが、読んでいくうちに、すっかりこの世界観に惹かれて最終巻まで読んでしまいました。
とにかく、丁寧に紡がれている物語という印象で、ファンタジーが好きな子がさらに好きになるための一冊だったり、ファンタジーに興味のない子でも、ファンタジーが好きになれる一冊だったり、そういった良書だと感じました。
ユニコーン、グリフィン、夢告げ鳥、出てくる生き物の全てが美しく、ハッとさせられる感動を秘めていました。
内容も最終巻にふさわしい内容で、旅の一行の絆も深まり、ああ、ファンタジー小説ってこれでこそだよな、と思わせてくれる内容でよかったです。
とにかく、出るわけないと思った続編が出て、こうして綺麗に無事完結してくれたことが嬉しい。ラーラやルッカたとと出会えたことがうれしいです。
こういった純粋な嬉しいをたくさんくれたこの本には、改めて読書の大切さを教わった気持ちです。
悪役にも、ただ悪役ではない背景があるのも良かったな。



。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


『かなしき女王―ケルト幻想作品集』/フィオナ・マクラオド 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2015年読書感想68冊目)

フィオナ・マクラオド 著
松村みね子 訳 
東逸子 表紙絵

   
おすすめ度★★★★★(素晴らしいの一言。美しく残酷なケルトの哀しみ)


この本の概要
アイルランドの小説家、フィオナ。マクラオドのケルトの神話伝説を題材にした短編集。
フィオナ・マクラオドは執筆名で、実際は作者は男性である。
キリスト教を題材にしたもの、ケルト神話を題材にしたものなど、収録されている話の幅は広い。

本のあらすじ

短編集のため割愛
収録作品は以下のとおり

海豹
女王スカァアの笑ひ
最後の晩餐
髪あかきダフウト
魚と蠅の祝日
漁師

約束

浅瀬に洗う女
剣のうた
かなしき女王



この本の読みどころと感想


ケルトらしい残酷で透明な哀しみを堪能できる珠玉の短編集


私はケルトが好きです。
あの、琴と詩と戦を愛し、黄昏のような悲しみに沈みゆく永遠の場所が。
この短編集には、そういった私のケルトを愛する理由が、惜しみなく、美しく、そうして残酷に悲しく、凝縮されています。個人的には傑作。
旧字旧仮名遣いの表記ですが、むしろそこがいい。
ケルトの女は美しく残酷で、ケルトの男は猛々しくて脆い。
ケルトという民族は本当に素晴らしく、永遠のロマンです。
この短編集を読めて良かった。読んでいる時間は、至福でした。
ケルトというものへの限りない愛情と哀切、承継といったようなもの。
この本には、そういった全てのものが詰まっています。
ケルト好き必読の書に違いありません。
言葉は不要です。何も聞かずに、ただ読みましょう。
個人的には、「髪あかきダフウト」「精」「琴」がお気に入りでした。


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

『ユニコーンの乙女 地下通路と王宮の秘密』/牧野礼 著





。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2015年読書感想46冊目)

牧野礼 著 
sime イラスト   
おすすめ度★★★☆☆(まさかの続編! 児童書らしい児童書に)


この本の概要
日本の児童書作家、牧野礼さんの著作。レーベルは講談社青い鳥文庫。
「ユニコーンの乙女」シリーズの2作目になります。
前作を読んだとき、個人的にはすごく好きなお話しだと思いましたが、まさか続編が出るとは思わなかった!

本のあらすじ

女王ロトを救ったユニコーンの乙女であるラーラ、ユニコーンのルッカ、王家のグリフォンであるネロと、ロト女王の4人は、王都に近い小さな町に。宿屋に泊ると、見張りをしていたルッカが、「地下から人の声がする」といいだして??
王家の秘密に迫るドキドキの第2巻!


この本の読みどころ


ルッカに恋のライバル出現!? まだまだ続きが気になるシリーズに!


大好きだけど、まさか続編が出るとは思ってなかったこの「ユニコーンの乙女」シリーズ。第二作目では美少年エーリオを新たに迎えて、ラーラを巡ってルッカと喧嘩するシーンも。女の子が好きそうな、児童書らしい児童書になったなあという印象を抱きました。個人的に、ファンタジーな少女漫画が好きな女の子とかにお勧めしたいです。


感想

新しく登場したキャラクター、エーリオが正統派すぎる美少年で、美少年好きな私にはとても美味しい一冊となっていました。
そのほかに、ルッカの過去、そうして最後ラーラが××してしまうという衝撃の展開に、今後も目が離せないです!
シリーズものを意識した作りになっていて、巡らされた伏線と物語の引きに素晴らしいものを感じます。少なくともあともう一冊は出ますよね? ここで打ち切りになったらあんまりです。
あと、ネロがすごく空気だったのがちょっと寂しかったです。
simeさんのイラストも素晴らしく、特に表紙が素敵。ラーラがかわいいです。
ずっと続いてほしいとは言いませんが、小ぢんまりとでも続いていけば、良書になるような、そんなシリーズだと思います。
次の巻も楽しみです!



。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様