FC2ブログ

2019-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サエズリ図書館のワルツさん1(紅玉いづき)

サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)
サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2012/08/17


(2012年感想104冊目)



紅玉いづき 著 sime 表紙絵
おすすめ度★★★☆☆(お話としては可もなく不可もなくといったところ。)


「本ってどうやったら、こんなにたくさん読めるんですか?」
岩波さんは丁寧に作業をしながら、顔をあげずに答える。
「好きになれば、読めるだろう」
「どうやって、好きになりますか?」
「そりゃあんた。面白ければ、好きになるだろう」(p36)



紅玉いづきさんの「サエズリ図書館のワルツさん」一巻です。中身は連作短編集でしたが、1と銘打ってあるということは続編も考えられているのでしょうか。確かに続きそうな雰囲気ではありますね。

進んで読書するような本好きの人間にとって、本や本屋や図書館を舞台にした作品は、本当にずるい、と思います。しかも最近そういうのが流行ってるんだから、本当にずるい。
この本もそう言った本の一つで、大災害で紙の本がほとんど失われた後の日本の図書館が舞台となっています。
本はあるのですがほとんど電子書籍で、紙の本は贅沢品とされる世の中。未来にはそんな世の中来るのかなと本好きの誰もがきっと思いながら、この本では作者は、紙の本はなくならないと強く言っています。

ただ、作者様の紙の本への愛着が強いのはわかったのですが、お話としての面白みを考えるとうーん? と思ってしまう。お話としての中身があまりないというか……(特に最初の二篇)
そのあたりが残念でした。

でも、やっぱり読書や図書館が好きなら、ところどころ共感できる内容で、良かったと思います。
ただ、私はまだまだそこまでいかないので、書痴の人の本に対する執念といううかこだわりには、怖いなあと思います。
「上緒さん」「古藤さん」「森屋さん」「割津さん」と四編が収録されていますが、お気に入りは最後の二篇かな。上緒さんは最初はあまり好きになれなかったけど、いい子だと思います。

この本はSFだと思いますが、図書館を舞台にしたSFってちょっと珍しいかな? と思い、そのあたりは楽しめました。ただ、全体的に薄いかなあと思ってしまい、そこまでのめり込みませんでしたが…。
でも、続編出たら読むと思います。
好きな人は好きな題材の本だと思うので、興味がある人は、読んでみるといいのではないでしょうか。それこそ、図書館で借りるのが風情があるかも、なんて思ってしまう一冊です。

スポンサーサイト

NO.6 ♯9

NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
NO.6〔ナンバーシックス〕#9 (YA!ENTERTAINMENT)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2011/06/14

あさのあつこ 著
お勧め度★★★★☆(いろいろあるけどとにかく終わって感慨深い!)

「これは……別れのキスか」
「誓いのキスだ」
ネズミが微笑む。
「再会を必ず、紫苑」

No.6シリーズの最終巻。長い時間がかかったけど、とにかく終わってよかったです!

内容的には、もっと知りたかったこと、ちょっと残念だったところ、いろいろ明らかにされなかったことがたくさんあって正直残念ではあるのですが、とにかく読み終わった後は、ああ、読み終わったなあという気分です。

ただ、沙布があまりにもかわいそうすぎる! 最後結局どうなったか描かれていないし。
紫苑の秘密というか不思議も、明らかにされずじまい…。ネズミの本名も明かされなかったし……。楊眠とかも結局どうなったんだろう……。

正直もっと知りたかったというか、いくつか明かされなかったらそれでいいや的なものでない謎も残っているのですが、最後はなかなかさわやかに終わっていてよかった。
明かされなかったことについては別冊のファンブックに描かれてるのかな?
正直そこまで今すぐ読む気になれませんが……。

本当に面白かったのは最初の3冊目位までで、後はいくつか残念な部分(進展の遅さ)などもあったのですが、とにかくこうして完結してくれてよかったです。

あさのさんの作品は、もう卒業になってしまうかなあと言ったものも感じるのですが、面白いのでこれからも読んでいきたい。

それにしても最後の二人のキスシーンは、本屋さんで立ち読みした時はひいたが、普通に読んだらこれもありかなあと思えるくらいだった。まあ、二人らしいよね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

NO.6 ♯8

NO.6〔ナンバーシックス〕#8 (YA!ENTERTAINMENT)
NO.6〔ナンバーシックス〕#8 (YA!ENTERTAINMENT)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2009/07/25

あさのあつこ 著
お勧め度★★★☆☆(面白いんだけど…あっさりすぎるのかな…なんか微妙です)

「わたしには想像もできないほどたいへんな……たいへんなことを経てきたのね。ここまで来ることだって並大抵じゃなかったでしょ。それでも、あなたは来てくれた。わたしは……それで、もう十分。ありがとう、紫苑。ほんとうにありがとう」
「まるで遺言だな」
紫苑の傍らに立ったまま、ネズミが呟いた。

No.6の第8巻。いよいよ物語もクライマックスです。
沙布との再会、そして別れ。NO.6で起こる暴動と殺人。撃たれて命も危ういネズミ、そして彼らの帰りを待つイヌカシと力河。

正直起こったこと、話が進んだことと言えばこれだけなので、全体の印象としてはあまり中身がなく、登場人物たちが微妙に口の悪いちちくりあいをしているように見えなくもありません。アニメ化が企画されていますが、正直アニメにしたら1話くらいで終わってしまうような内容だと思います。
それでも面白く、次の最終巻に向けて物事は動き始め、進んでいます。
なのでそれなりに楽しいのですが、この話は最初の方が本当にすごく楽しい物語だったので、そのクオリティを維持して欲しかったなぁという印象です。
それでも好きな物語なので、最後まで読みますけどね。
確か最近出た次の巻が最終巻なので、無事終わってくれたのなら何よりです。
ネズミと紫苑とNO.6の行く末を、見届けたいと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

No.6 ♯7

NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)
NO.6〔ナンバーシックス〕#7 (YA!ENTERTAINMENT)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2008/10/10
あさのあつこ 著
お勧め度★★★☆☆(3・5位。なんか…ページが白い…?)

No.6 7冊目。
矯正施設の内部に侵入した紫苑とネズミは、最上階を目指す…! そこで見るものとは一体…?
という話。

着実に終りに向かって進んでいるような印象です。
終りには進んでいるのですが、なんだか中身は薄くなっている感じがしないでもありません。同じことを何度も繰り返しやり取りしているような…。
あと、作品が徐々に残酷な描写が多くなってきていて、読んでいて結構疲れます。バタバタと人が死んでいく様子が描かれすぎているというか…。

でも、絶望の中にも希望はあって、きっと、明けない夜はないんだろうなぁと思わせてくれるような、そんな力強さのある作品です。
最後、いったい何が起こるのか、ネズミと紫苑はどういう結末に至るのか、最後に何が残るのか、などがとても気になります。
次の巻も心して読みたいと思います。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

NO.6 ♯6

NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (YA! ENTERTAINMENT)
NO.6〔ナンバーシックス〕#6 (YA! ENTERTAINMENT)
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 998
  • 発売日: 2007/09/22

あさのあつこ 著
お勧め度★★★☆☆(あんまり進まなかったし…)

NO.6の六冊目。こんな日は読書して節電するしかない…。
矯正施設の地下で「老」という人物に出会うネズミと紫苑。老の口から語られるNO.6の過去。
それぞれの登場人物が抱える不安と予感、などが描かれます。

うーん、つまらなくはないんだけど正直微妙かも。
話の展開は遅々として進まないし、沙布のことなんかはちょっと引っ張りすぎ?って感じてしまう。
今までの巻には、あり得ない世界設定の中にも、そこに生きる人にもリアリティを感じたのですが、そしてそれがとてもよかったのですが、この巻は輪をかけてファンタジックで、リアリティを感じないと感じました。
老やサソリという登場人物の存在もそうだし、ネズミの過去もそう。

どうしても、何かしっくりしないものを感じます。

ここまで読んだら気になるので最後まで読みますが、正直最初のころの吸心力見たいなものはないと思います。
 
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。