FC2ブログ

2019-11

スウェーデンの森の昔話/アンナ・クララ・ティードホルム




(2018年読書感想15冊目)

スウェーデンは行ったことがありませんが、この本を読んでいると、その森は薄暗く深い魔法に満ちているものなのだろうなあということがありありと想像できます。
最初のバター坊やに出てくるトロルの怖い事といったら!一気に物語の世界観に引き込まれます。
我々の知っているもっと有名なグリム童話などとも類似性のありつつ、それとは少し違うお話が語られていて面白いです。
また、物語はたびたび繰り返しをもって語られ、非常にリズムがあって読みやすいのも面白いなあと思いました。
様々なバラエティのあるお話しが収録されていて面白かったです。
くぎスープなどは一冊の絵本にもなっているようですね。
私はちょっとした冒険譚が好きなので、お気に入りは、
「トロルの心臓」「ルーディ」「太陽と月の娘」「小便小僧のピンケル」あたりです。
太陽と月の娘が星のように美しいという表現も美しかったな。
イラストも素敵で、読めてよかったと思えるような素敵な物語たちでした。
お勧めです。


この本の概要

著者 アンナ・クララ・ティードホルム
本(作者)の国籍 スウェーデン
訳者 うらたあつこ
イラスト アンナ・クララ・ティードホルム
出版社 ラトルズ
レーベル 
ジャンル 童話
ページ数 111P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? 単巻
なぜこの本を読んだか 表紙に惹かれて
本の入手方法 古書店にて購入

収録作品
バター坊や
ティッチェリチューレ
トロルの心臓
仕事をとりかえたおやじさんとおかみさん
ルーディ
トロルと雄山羊
くぎスープ
王女と大きな馬
ふくろうの赤ちゃん
親指小僧と巨人
太陽と月の娘
小便小僧のピンケル


内容
この本にはスウェーデンに古くから伝わる12の昔話がおさめられている。「くぎスープ」「仕事を取りかえたおやじさんとおかみさん」のようなおなじみの話もあれば「ティッテリチューレ」「小便小僧のピンケル」「ルーディ」のような日常をはなれたふしぎな話もある。アンナ・クララ・ティードホルムは『トゥーレのたねまき』などの作品で知られる絵本作家でこの本の中のお話ひとつひとつにぴったりの挿絵を描いている。子どもも大人も楽しめる本。
。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・
スポンサーサイト



ふしぎな八つのおとぎばなし/ジョーン・エイキン 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2016年読書感想32冊目)



この本の概要


著者 ジョーン・エイキン
本(作者)の国籍 イギリス
訳者 こだまともこ
イラスト クェンティン・ブレイク
出版社 冨山房
レーベル 
ジャンル フェアリーテール
ページ数 192ページ
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? ノン・シリーズ(短編集)
なぜこの本を読んだか。エイキンの本が好きだから。
本の入手方法 図書館で借りてきました。

   
おすすめ度

感動 ★★
面白い★★★★
人に勧めたい ★★★
驚き ★★★★
学んだ ★★★

この本を評価するなら 77点くらい。やはりエイキンは面白い。もう少しこの世界に浸っていたいくらい。

収録作品

雲深き山をこえて
燃えろ、燃えろ、かげぼうし
メリュシーナ
バスケットいっぱいの水
リコリスの木
怒り山
冬の夜にさまよう
落ちていく世界をつかまえろ

受賞・ノミネート情報など
不明


本のあらすじ(「BOOK」データベースより)


エイキンとブレイクのコラボレーションによる本書は、まさに現代のおとぎばなし。森をさまようクマと結婚したいむすめ、海の王ネプチューン、お姫さまやまじょ、歌をうたう青いくつや、ピンクのヘビも登場する。火星人にすてられたかいじゅうや宇宙でのサッカーの試合!まほうとなぞに満ち、ユーモアあふれ、しかも古典の味わいをもかねそなえた魅力たっぷりの短編集。小学校低学年からおとなまで。


この本の感想
やはりエイキンはただの作家ではないな、とこの本を読んで本当に思いました。
エイキンの物語はとにかく不思議で、その想像力、イマジネーションの豊かさには何度読んでもわくわくしたり、脱帽したりするけれど、何よりも彼女の著作には何とも言い難い中毒性があると思います。
短編を書かせたら特に魅力的で、本を一冊読み終わると、もっともっとエイキンの織り成す物語が読みたいと思ってしまう。彼女の物語は私にとってそういったものです。
今回の短編集は、どこか冬の夜のような悲しみが付きまとていて、それがとても印象的でした。
おとぎ話はめでたしめでたしで終わるものが多いけれど、エイキンのお話はそう行くとは限らない。でももちろんそういう風に終わることもある。自由自在の話の構成も、エイキンの魅力と言えるでしょう。
どのお話も面白かったけれど個人的に好きなのは古典的なおとぎ話の手法にのっとった「メリュシーナ」と、人類の創成期とでもいうような、発想がとても面白い「落ちていく世界をつかまえろ」の二本かな。
エイキンの著作はそれなりに読んだつもりだけれど、まだまだたくさんあるので、もっともっっと読みたい。読書の楽しみを教えてくれる素敵な一冊です。




心に響いたシーンなど
冬の夜をさまよう、の最後のオチ。
哀しいお話が多かった本書だけれど、その中でも特に悲しかった。


主な登場人物

短編集につき割愛



こんな本が好きな方におすすめの本です。
不思議なお話が読みたい方に
おとぎ話が好きな方に


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

うら庭の水の精/グードルン・パウゼバンク 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2016年読書感想30冊目)



この本の概要


著者 グードルン・パウゼバンク
本(作者)の国籍 ドイツ
訳者 遠山明子
イラスト インゲ・シュタイネッケ
出版社 福武書店
レーベル ベストチョイス
ジャンル フェアリーテイル
ページ数 147ページ
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? ノンシリーズ
なぜこの本を読んだか。題名と表紙に惹かれて
本の入手方法 図書館にて

   
おすすめ度

感動 ★★★
面白い★★★
人に勧めたい ★★★★
驚き ★★★
学んだ ★★★★

この本を評価するなら 80点くらい。良い話です、考えさせられるところも多い、けれど暖かい物語です。

収録作品

うら庭の水の精

受賞・ノミネート情報など
不明


本のあらすじ(「BOOK」データベースより)

むかしむかし、年とった王さまが、むすめの王女さまをつれていなかの古い家へひっこしてきました。その家には草ぼうぼうのすてきな庭と、すてきな井戸がありました。そして井戸には、水の精が住んでいたのです。水の精と王女さまはとてもなかよしになりましたが、ある日…。メルヘンの国ドイツで生まれた、現代の新しいメルヘンです。小学校中学年から。




この本の感想

お城に住んでいた王様がお城暮らしが嫌になって田舎の古い家に引っ越してくるところから始まるこのお話は、最初読んだときなんとも不思議な感覚になりました。
でも読み進めるうちに、とてもあたたかい気持ちになって、その暖かさになぜだか涙ぐむくらいで。
王さまと王女さまと水の精と料理女の日常が、しかしある出来事をきっかけに変わっていてしまうのがとても辛いのですが、最後ハッピーエンドになるのが、とてもおとぎ話っぽく感じました。
見た目が違う、醜い水の精をそういうことに囚われずに愛する心。
私たちも人種や国籍が違う人、ハンディキャップのある人を受け容れてともに暮らしていけたのならと、きっととても素敵なのだろうと、想わずにはいられません。
最後に出てくる王女さまと水の精の子供たちが、大きくなるにつれて受けるであろう様々な偏見などを乗り越えて、幸せになってくれますようにと思います。
読めてよかった。良い話でした。

心に響いたシーンなど
王様がうたった後眠るシーン。何とも言えない悲しさがあります。


主な登場人物
王女さま 王様と一緒に古い家に引っ越した活発な少女
王さま 陽気で太った優しい年取った王様
料理女 引越し先の耳が聞こえない料理女
水の精 引越し先の井戸に住んでいた精。緑色でで醜い。

こんな本が好きな方におすすめの本です



。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

『Blackberry Blue: And Other Fairy Tales』/ジャミラ・ギャビン 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2015年読書感想73冊目)


この本の概要


著者 Jamila Gavin
イラスト Richard Collingridge
出版社  Tamarind
ジャンル フェアリーテイル
ページ数 240ページ
フォーマット 電子書籍
ノンシリーズかシリーズものか? ノンシリーズ(これだけで読める)
なぜこの本を読んだか。 カーネギー賞受賞作のリストから、表紙を見て一目ぼれしたから。
本の入手方法 Amazonのキンドル版を入手。

   
おすすめ度

感動 ★★★★
人に勧めたい ★★★★★
もう一度読みたい ★★★★
驚き ★★★
学んだ ★★★

この本を評価するなら 85点くらい。好きです。

収録作品
Blackberryblue
The Purple Lady
The Golden Curp
Emeka the Pathfinder
Oddboy
The Night Princess


受賞・ノミネート情報など
2015年 カーネギー賞ノミネート作品(ロングリスト)

本のあらすじ

木苺から生まれたブラックベリーブルー、孤独な王を救おうと奮闘する、エメカとジョイの兄妹、美しい夜空を漆黒の馬ダークと駆ける夜の王女ディザイア姫は昼の少年に恋をして……。
美しい挿絵とともに織り成される、美しい新たなスタンダートとなるような童話集。


この本の感想



非常に美ししい創作おとぎ話たち。
新しいと同時にクラシックである部分も多く、好感が持てます。
お話としては、おそらく七つの大罪を意識してテーマにしたんじゃないかなと思うのですが、基本的には主人公が継親や継子に虐げられながらも理想を忘れずに頑張り、最後に報われるというお話が多く、その頑張る姿に感動したり、安心したりします。
個人的に好きなお話は「エメカ」と「ナイトプリンセス」、「オッドボーイ」
個人的に動物が可愛いと思うのです。ディザイア姫の馬のダーク忠義かわいいです。


心に響いたシーンなど

個人的にオッドボーイが好きなのです。
自分よりフィドルを上手く弾き、おじいさんの愛情を受ける謎の少年、オッドボーイに嫉妬して、オッドボーイを「もといた魔法の山に帰れ!」と追い出してしまう孫の少年レムス。
彼が置いていったフィドルも返さず、それを弾き続けて……。
ちょっとした目にこそあいますが、最後はおじいさんとも絆を深め、自分の実力で村の冠婚葬祭を担うフィドル弾きになったレムス。
ひどい少年だったが、改心した姿が清々しくて印象に残ります。


主な登場人物
ブラックベリーブルー 木苺から生まれた少女 ジャスト王子とウルフ王子兄弟から恋心を寄せられる王宮の厨房仕事の娘
エイブ パープルレディーに双子の妹レイラをさらわれ、飼い猫のミスコウリとレイラを助けに行く旅にでる。
エメカ&ジョイ エメカはパスファインダー。妹のジョイとともに、孤独な王とその子供たちを救うことになる。
ディザイア姫 夜の国のお姫様。昼の青年であるデイに恋をし、自らの故郷を捨てる。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

『白いオオカミ―ベヒシュタイン童話集』/ ルードヴィヒ・ベヒシュタイン 作




(2015年読書感想65冊目)

ルードヴィヒ・ベヒシュタイン 作 
上田真而子 訳

   
おすすめ度★★★★✩(4・5くらい。かなり好きな雰囲気の童話集です!)


この本の概要
ドイツのグリム兄弟と同時期に活躍した昔話収集家、ベヒシュタインの童話集。彼の代表作から10篇を日本に初めて紹介した一冊です。
レーベルは岩波少年文庫。
個人的に、グリムのものよりもこちらのほうがかなり好みです。
甘く、ロマンティックで、幸せな気持ちになれるものが多いです。

本のあらすじ

短編集につきあらすじは割愛。
収録作品は以下のとおり。

白いオオカミ
もてなしのいい子牛のあたま
ねがい小枝をもった灰かぶり
魔法をならいたかった男の子
おふろにはいった王さま
ウサギ番と王女
魔法つかいのたたかい
ウサギとキツネ
七枚の皮
明月

この本の読みどころと感想


当時はグリムより愛好されたという、ベヒシュタインの素敵な童話が堪能できる至福の一冊。


図書館で何となく手に取って読み始めた童話集です。
有名な童話収集家のグリム兄弟と同時期に活躍した昔物語収集家のようですが、恥ずかしながら全く存じませんでした。
でも、読んでみて、なんて素敵な童話たちなんだろうと思いました。
美しく、ロマンティックで、まるで魔法にかけられたかのようにうっとりしてしまう甘い童話集は、まさにおとぎ話や童話の定番といった風で、読んでる間は至福の時間でした。
また、グリムと似たような題材も多く、比較も楽しいです。
個人的には、グリムよりも断然好きな童話を読めた、という印象が残りました。
お気に入りは、「白いオオカミ」「願い小枝をもった灰かぶり」「魔法を習いたかった男の子」「ウサギ番と王女」です。
なんというか、ベヒシュタインの童話に出てくる女性は美しいです。
そんなところがお気に入りです。
読んだことのない方は、ぜひ読んでみてほしいような、そんなおすすめの隠れた名著だと思います。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様