FC2ブログ

2019-08

魔法のフラワーショップ(2) 弱虫ザックと勇気の花/ジーナ・マイヤー 著



(2018年読書感想14冊目)

このシリーズもとても好きで、購入しては楽しみに読んでいます。
登場人物が個性的な絶妙な按配で配置されてて、物語も王道だけれどとても面白いのですよね。
今回は主人公のヴァイオレットの親友の双子の男の子、ザックと勇気に関するお話しになっています。
ザックはザック、ジャックはジャックで、とても素敵な個性をしていて、それは男の子だからとか女の子だからとかではなくそれを超えたもので、二人とも素晴らしく素敵な双子だと思います。
今回はお話しの筋は途中で分かってしまうのですが、だからこそ感動するというか、窮地に立たされたザックを、ヴァイオレットやジャックと一緒に応援したくなって、手に汗握りました。
作者さんはお話しの展開がとてもうまいなあと思います。最後までどきどきする、読書のだいご味が味わえます。
1巻2巻と、街を巻き込んだハラハラが続く展開でしたが、今後はアビゲイルおばさんと一緒に魔法の花について勉強していくという話になり、どうなることやら。
この本はイラストがとても好きです。
作中の世界観にあっているすらっとした爽やかな絵柄だと思っています。
3巻ももう発売してるみたいですね。
買わねば。
とても楽しい読書時間でした。


この本の概要

著者 ジーナ・マイヤー
本(作者)の国籍 ドイツ
訳者 若松宣子
イラスト 世鳥アスカ
出版社 PHP研究所
レーベル 
ジャンル エブリディマジック
ページ数 173P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ2作目
なぜこの本を読んだか このシリーズが好きなので
本の入手方法 書店にて購入

収録作品

ヴァイオレットは、アビゲイルおばさんのフラワーショップでお手伝いをしています。ある日お店で、「魔法の花の本」を偶然見つけて使ってしまいました。それ以来、魔法の本はおばさんに隠されてしまいました。

 運動会が近づき、元気がない親友の男の子ザックのことが心配なヴァイオレット。ザックは、最近クラスに入ってきたオーリーという子に「びくびくザック」というあだ名までつけられて、からかわれているのです。

 ヴァイオレットは、運動が苦手なザックを助けようと、おばさんから使ってはいけないと言われている魔法の本を探し出し、ザックに勇気と自信がわく花のオイルをつくりました。ところが、ザックは運動会に出ないと大騒ぎです。結局、オイルを飲んで運動会に出ることにしたザックは、ボール投げでとても良い記録を出すことに成功しました。そして、次の徒競走ではオーリーと並んで走ることになったのです。

 ドイツで大人気のシリーズ、第2巻。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

スポンサーサイト



ミオととなりのマーメイド パーティーは海のお城で。/ミランダ・ジョーンズ 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2017年読書感想38冊目)

好きなシリーズの続きが、2冊目が出てくれる。こんなに嬉しいことってないですよね。
私にとって、続きを楽しみにしていたこの本も2冊目が出てくれて、読んで、今とっても嬉しい気持ちでいっぱいです。やっぱり、この本は素敵です!
今回、ミオは魔法の櫛でまた人魚になって、人魚の王国のために尽力するのですが、この本は何よりも、海や海の王国の描写が本当に美しくて、大好きです。この本の大きな魅力の一つになってると思います。
 今回は、多くの読者が気になっているかもしれない、ラブロマンス要素についても少し気配が感じられて、読んでるこちらとしても、ああどうなるのだろうと、ドキドキしながら読み進めていきました。ルナにもロマンスの気配があるので、こちらも楽しみです。
 今回はジンクスにスポットが当たった巻という印象でした。ジンクス、良い奴じゃないですか。
しかし個人的にはカイが気になっているので、カイの出番もこれからもっともっと増えていくといいなぁって思います。カイは今のところ、影が薄い感じがします。
 このシリーズ、ミオとルナの女の子の友情も素敵だなと思って読んでいます。
何やら次のお話は少し大変なことになりそうな気配がありますが、この友情がいつまでも壊れないでいてくれたらなぁと願うばかりです。ミオの体験していることと言ったら、本当に夢のように素敵なんですもの! 読んでいる私たちも、子供心に帰って、ミオと一緒に海の中で、色々な出来事を楽しめるのが、この本の素敵なところだと思います。人魚はやはりロマンで、私達の友達なのだろうなと、そう思います。
 あと、イラストが沢山入っているのですが、これも本当に素敵です。次の巻は半年後ということで、こちらも楽しみにしています。


この本の概要


著者 ミランダ・ジョーンズ
本(作者)の国籍 イギリス 
訳者 浜崎絵梨
イラスト 谷朋
出版社 ポプラ社
レーベル 
ジャンル エブリデイ・マジック
ページ数 161P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ2冊目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだったから
本の入手方法 書店にて購入

   

収録作品



内容

海辺の町でくらす少女ミオには、ひみつがあります。
それは、ルナという名前のすてきな人魚の友だちがいるということ。
そして、魔法のくしでかみをとかすと、ミオもほんものの人魚になれちゃうということ!

今回、人魚になったミオは、また海の世界へ!
ルナに会いたかったのですが、海の中で出会ったのは、人魚の少年ジンクス。
いつもはいじわるばかりいうジンクスですが、ミオと一緒にカメを助けて、ふたりは急接近?

そのころ、ダンスパーティーをひかえた海の王国は、じゅんびに大いそがし。
ルナにさそわれて、ミオもパーティーにでることになりました。
さあ、ドレスアップしなくちゃ!

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



ミオととなりのマーメイド 人魚になれるのはヒミツ。: 人魚になれるってヒミツだよ (ミオととなりのマーメイド 1)



。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・




(2017年読書感想23冊目)


夏にぴったりの女の子のためのシリーズがj始まりました。
といっても私はもういい大人だけれど、人魚が好きなので、思わず買ってしまいました。
友達が人魚で、自分も人魚になれる魔法の櫛を持っている。なんて素敵な設定だろうと思います。
物語は沢山の女の子が出てきて、出てくる男の子はちょっと意地悪だけれど格好良くて、今回は本そのものがこれからの物語の紹介みたいな感じなのですが、今後の展開や話の広がりが感じられてドキドキしてしまうばかりです。女の子のわくわくと夢が詰まった本かなと思います。
とにかく海の描写が美しくて楽しくて気持ちよさそうで! 読んでいてミオと一緒に自分まで海の中に潜った気分になりました。海をシルクに包まれてる見たいって評したところとイルカの群れのシーンが特に印象的でした。
今回は事件らしい事件もなく、海の中にもぐって冒険! という感じでしたが、次巻からは、色々な事件が起きたり、人間関係に動きがあるのかなと思うと楽しみです。個人的に男の子二人、カイとジンクスが、どちらも悪戯好きな少年らしい少年として描かれてるのが印象的で、ミオと何かあるなら
どんな感じだろうか、と早くも考えてしまいました。
ルナもかわいいし、読んでいて明るい気持ちになれる明るい本なので、続刊が楽しみです。
この本の概要


著者 ミランダ・ジョーンズ
本(作者)の国籍 イギリス
訳者 浜崎絵梨
イラスト 谷朋
出版社  ポプラ社
レーベル  
ジャンル エブリディ・マジック
ページ数 156P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ1冊目
なぜこの本を読んだか。人魚の話だったから。
本の入手方法 書店にて購入

   

収録作品

受賞・ノミネート情報など

不明

内容

海辺の町サンディ・コーブにくらす少女、ミオ・ハートは、あらしの日、あみにかかった人魚のルナを助けます。ルナにもらった魔法のくしで髪をとかすと……足がピンク色の尾びれに変わり、ミオは人魚に大変身! ルナに会いに行くため、海の世界へと泳ぎだします。

海の中での友情と恋、大冒険をえがく、イギリス発の物語!
人間と人魚の女の子が友達になる、あこがれのストーリーです。

人魚になって自分の尾びれで泳ぎだす瞬間の気持ちよさや、海の中でも楽に息ができる楽しさ、それに海水がシルクみたいに体を包んでくれる……そんな驚き。かっこいい人魚の男の子との出会いもあって、ドキドキがとまりません。冒険好きの小学生中学年の女の子におすすめの、新シリーズです。


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



ついに決戦! さいごの洞くつ エルフとレーブンのふしぎな冒険6/マーカス・セジウィック 著



。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・



(2017年読書感想20冊目)


エルフとレーブンの、長い長い冒険も、ついにこの巻で決着を迎えます。
考えてみれば、森に山、海、砂漠、怖い街に敵の本拠地、本当に長く厳しい旅だったけれど、それを感じさせないのは、エルフとレーブンの二人のキャラクターのためだったのでしょう。
本当、最後の最後まで、歌う剣と月の涙で、どうやったらゴブリン・キングを倒すのか、全く見当がつかなくて、なのにゴブリン・キングはものすごく怖くて、すっごくハラハラしたのですが、でもさすが、レーブンはレーブンらしい落としどころを見つけてくれたなぁと思いました。
全体的に緩い冒険とその顛末で、何というかこう、魔法陣グルグルみたいなテイストだったんだけれど、この最終巻は、やはり感慨深いものがありました。
エルフとレーブンの関係の落としどころも、まあこんなものかなと言う処、2人らしいところに落ち着きましたね。しかし、何よりも意外で、でもときめいたのは、ソケット伯爵とソーナのカップリングでした。
まさかこの2人が、と悶絶しました。
三匹の鬼たちも最後までいい味出していたし、本当、誰一人欠けてもこの冒険の、この結末はなかったよなあと思うと、作者の素晴らしいストーリィ展開に、お見事、と拍手を送りたいです。
そして何よりも、少しだけ平和でよくなった世界で、エルフとレーブンがいつまでも仲良く暮らせますように!
本当に、最初は色々想う所もあったのですが、この日本語版が最後まで読めて、幸せでした。

この本の概要


著者 マーカス・セジウィック
本(作者)の国籍 イギリス
訳者 中野聖
イラスト 朝日川日和 
出版社  学研プラス
レーベル  
ジャンル ハイ・ファンタジー
ページ数 183P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ6冊目(最終巻)
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだから。
本の入手方法 書店にて購入

   

収録作品

受賞・ノミネート情報など

不明

内容

エルフとレーブンは、ついにゴブリンキングのすむ「さいごの洞くつ」へ。でも、どうしたら倒せるのかは、まだ謎のまま。しかもラットくんやオニ、魔法使いたちといった仲間たちともはぐれてしまう。そんな中、エルフはレーブンに本当の気持ちを伝え……。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・


Emily Feather and the Chest of Charms/Holly Webb 著


。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・



(2017年読書感想10冊目)

日本でも「エミリーと妖精のひみつ」という邦題で四冊中二冊まで出ましたが、いつまでたっても三作目が出ない(多分もう出ない)ので、原書を買って読みました。
好きな外国本が翻訳されない事情は、少し悲しいですね。

あらすじとしては、女子児童向けの妖精物です。
お菓子作りが大好きなエミリー・フェザーは何処にでもいる普通の女の子。
でもある時、自分以外の家族がみんな、妖精であることを知らされて、色々とショックを受けてしまう。
そんな中、自分を勇気づけてくれた水の妖精’(セルキー)の女の子、サーシャを助けに妖精界に赴いたことで、家族との絆も深まって…。
人間界と妖精界を繋ぐドアを人間界側から監視するのが家族の役目。
人気怪奇小説作家のお父さんアッシュと、
新進気鋭のデザイナーのお母さんイーヴァ、
ちょっと意地悪な双子の姉ラークとローリィ、
なんだかんだで優しい弟ロビン。

そんなある日。
姉のロ―リィにボーイフレンドが出来たみたい。
ダンっていう名前のとてもきれいな男の子なんだけれど、彼、お父さんとお母さんとは絶対に会おうとしないの、
変なラブソングばかり歌って、おかしいよ。
もしかして、妖精界の住民何じゃないのかな?
色々調べると、やっぱりそうみたい。
アッシュお父さんのお兄さんにもあたる妖精界の現国王を圧政者と言って、彼に対抗するプロテスタントの一員で、ロ―リィを利用としてるの。
妖精界に連れ去られたロ―リィを、助けなきゃ!

みたいなお話。

なんていうか一巻目から思ってるんだけれど、結構重たい話何ですよね。
妖精の一家に育てられた主人公のエミリーの疎外感は、自身が魔法を使えるようになったことですこし薄まってるんだけれど、
双子が喧嘩してお互いを火だるまにしたりとか、
なんというかシビアだよ!? みたいな描写がちらちら。
でもキャラクターが魅力的で、ついつい読んでしまう。
話もシリアスなんだけれど、その分どうなるのか先が気になります。
英語自体は文法、単語共に簡単なので、原文でも読みやすいのが好印象でした。
でもこの巻は、私の愛するアッシュとかイーヴァさんといった両親があまり登場しなかったので残念でした。
というかいくら強力な魔法が展開されてたからって、娘が火だるまになってるの気づかないって、それ王様の一番の家臣としてどうなんだろう…。
原文には原文の良さがあって、面白かったけど、やはり日本語版でも読みたいなあという気持ちがあります。
ともあれ、最終巻の原初ももう購入済みなので、また読みたいなあと思います。



この本の概要


著者 Holly Webb
本(作者)の国籍 イギリス
訳者
イラスト 
出版社  Scholastic
レーベル 
ジャンル エブリデイ・マジック
ページ数 176ページ
フォーマット 電子書籍
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ3作目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだから。
本の入手方法 ネット書店にて購入。

   

収録作品



受賞・ノミネート情報など

不明

内容



Emily Feather - the ordinary girl in an extraordinary family. Emily doesn't like the boy her older sister, Lory, keeps bringing home. There's something untrustworthy about him, though Emily can't put her finger on exactly what. Soon she discovers Lory is in danger! The boy has tricked her into taking him through the doors into the fairy world. Can Robin, Lark and Emily get Lory back? They must go through the attic, which Emily didn't even know existed, to sneak into the fairy world. Will they find Lory in time? Look out for Emily's previous adventures: EMILY FEATHER AND THE ENCHANTED DOOR (9781407130927) and EMILY FEATHER AND THE SECRET MIRROR (9781407130934)
。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様