FC2ブログ

2019-08

スウェーデンの森の昔話/アンナ・クララ・ティードホルム




(2018年読書感想15冊目)

スウェーデンは行ったことがありませんが、この本を読んでいると、その森は薄暗く深い魔法に満ちているものなのだろうなあということがありありと想像できます。
最初のバター坊やに出てくるトロルの怖い事といったら!一気に物語の世界観に引き込まれます。
我々の知っているもっと有名なグリム童話などとも類似性のありつつ、それとは少し違うお話が語られていて面白いです。
また、物語はたびたび繰り返しをもって語られ、非常にリズムがあって読みやすいのも面白いなあと思いました。
様々なバラエティのあるお話しが収録されていて面白かったです。
くぎスープなどは一冊の絵本にもなっているようですね。
私はちょっとした冒険譚が好きなので、お気に入りは、
「トロルの心臓」「ルーディ」「太陽と月の娘」「小便小僧のピンケル」あたりです。
太陽と月の娘が星のように美しいという表現も美しかったな。
イラストも素敵で、読めてよかったと思えるような素敵な物語たちでした。
お勧めです。


この本の概要

著者 アンナ・クララ・ティードホルム
本(作者)の国籍 スウェーデン
訳者 うらたあつこ
イラスト アンナ・クララ・ティードホルム
出版社 ラトルズ
レーベル 
ジャンル 童話
ページ数 111P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? 単巻
なぜこの本を読んだか 表紙に惹かれて
本の入手方法 古書店にて購入

収録作品
バター坊や
ティッチェリチューレ
トロルの心臓
仕事をとりかえたおやじさんとおかみさん
ルーディ
トロルと雄山羊
くぎスープ
王女と大きな馬
ふくろうの赤ちゃん
親指小僧と巨人
太陽と月の娘
小便小僧のピンケル


内容
この本にはスウェーデンに古くから伝わる12の昔話がおさめられている。「くぎスープ」「仕事を取りかえたおやじさんとおかみさん」のようなおなじみの話もあれば「ティッテリチューレ」「小便小僧のピンケル」「ルーディ」のような日常をはなれたふしぎな話もある。アンナ・クララ・ティードホルムは『トゥーレのたねまき』などの作品で知られる絵本作家でこの本の中のお話ひとつひとつにぴったりの挿絵を描いている。子どもも大人も楽しめる本。
。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・
スポンサーサイト



ガリアの巨人とエクスカリバー (アーサー王の世界 3)/斎藤洋 著



(2018年読書感想8冊目)


物語も三冊目。
ケルト感は薄く、淡簡な筆致で物語が進みます。神話というより伝説。しかしところどころ描かれる幻想的な描写が、うまい具合に読者を非現実にいざなっていきます。前二冊に比べて、伝説とか神話の雰囲気は濃くなっていると思いました。
この巻では、14日目の月に、グィネヴィア姫も登場。アーサーとの出会いは運命ではなく宿命なのね。
名前だけならアイルランドのイズー姫、そうしてランスロットの噂も。
この本では、アーサーはランスロットの10歳年上。グィネヴィアもランスロットに比すれば8歳くらい年上のはず。
筆致は淡々としているけれどつまらないわけではなく、むしろ真面目だからこそたまのユーモアが面白い。
最後まで読んでいて思ったのは、アーサーこそ、いやこの物語の登場人物こそ、14日目の月だということです。
運命は道、自分で切り開き変えられるが、宿命は血、自分では変えられないというマーリンの言葉が、この物語には深く響きます。アーサーが王になるのは宿命、その来るだろう破滅も宿命なのでしょう。
グィネヴィア姫は褐色の髪。アーサーは初恋の女性と結ばれることになるだろう。この先が悲劇でもアーサーにとってそれは幸福なことなのだろうと思います。
この物語、円卓の騎士の人数分くらいは巻数が出てほしいと最初は思ってました。それは冗談としても、あと三冊は出て、存分にこの世界を描いてほしいと思いました。斎藤さんというとドイツのイメージがあるからブリテンの物語って新鮮なの。
ちなみにランスロットも金髪です。
金髪のアーサーとランスロットの二人に愛されるのだろう美姫グィネヴィア。
アーサーの乳兄弟、ケイ卿に言わせると、破滅のかおりのする女。彼女はまさしくファム・ファタールなのだろうと思います。
これから様々な展開を見せるだろうこの物語が楽しみで仕方ない。
私はこの本に描かれるマーリンがとても好き。
最初は腹黒だとか人間臭くないなと思ってたのですが、考えてみればマーリンは半妖の夢魔の息子。人間らしくなくて当たり前。普通にその思考回路が面白いです。
斎藤さんが、登場人物と物語に愛情をもって書いているのが伝わってきて本当にうれしいです。この本も、最後はマーリンにもっていかれました。


この本の概要

著者 斎藤洋
本(作者)の国籍 日本
訳者 
イラスト 
出版社 静山社
レーベル 
ジャンル 神話伝説
ページ数 166P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ3冊目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだから。
本の入手方法 書店にて購入

   

収録作品

内容
アーサー王は、アイルランドに出陣し、世界一美しいといわれる王女に出会う。初めての恋、騎士として成長していくアーサー王の姿を描く。 十六歳になったアーサー王は、アイルランド国王を助けるために出陣する。その城には、世界一美しいといわれる王女がいた。恋心を抱きはじめたアーサー王だが、なぜか大魔法師マーリンの反応は冷たい。 巨人と闘うために大陸へ向かい、名剣エクスカリバーを手に入れるために北の湖へ向かう。冒険とともに成長していくアーサー王の姿を描く。 アーサー王と円卓の騎士たちの伝説を、稀代のストーリーテラー斉藤洋が、新しい視点で再構成したファンタジー・アドベンチャー第3弾。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

二本の剣とアーサーの即位 (アーサー王の世界 2)/斉藤洋 著



。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・



(2017年読書感想15冊目)


アーサー王伝説は本当に大好きな物語で、パスティーシュ者も含めてとにかく色々な本を読みました。
このシリーズは、しかしそのどれよりもクラシックでありながら、どの本よりも、私の知らないアーサー王伝説の世界が描かれているような気がします。
今回は、石から剣を引き抜いたアーサーの物語と、そのアーサーが振りテインの王として名実ともに認められ戴冠するまでを描いた物語です。
しかしこの本、マーリンが腹黒です。マーリンってだいたいどの本でも腹黒として描かれるけれど、この本のマーリンほど腹黒なマーリンはいなかった! と思います。涼しい顔でさらりとひどいことします。これに比べたら確かにアーサーは天使です。
あと、前の巻での、腹黒マーリンの「(アーサーの母親イグレインを指しての)売女発言に、本当にマーリンがキレッキレの腹黒、というかこれ児童書? 児童書でいいの?? と思ったのですが、今回の巻にも、アーサーが異父姉のモルゴースに謀られて何もわからぬ状態で契ってしまうというあれなシーンが出てくるのですが、そのシーンで、「あ、これ児童書じゃない。せめてYA、むしろ大人の読み物」と認識を改めました。
まあアーサー王伝説自体、人間の心の儘ならさを描くものだと思っていて、そこが魅力だと思っているので、大人の読み物なのですが。
しかしこの本のアーサーは本当に純粋無垢な天使みたいな性格で、ランスロットととかが出てきたらどんな感じで描写されるのかとか楽しみ過ぎます。
一冊一冊を淡々と、しかし丁寧に描写して小説にしているので、アーサー王伝説を知っているアーサリアンな読者にも、今までに知らない物語が読めると思うし、アーサー王伝説を知らない読者にも、入門としていいと思いました。
ちなみにシリーズの二冊目ですが、前の巻はマーリンの誕生からアーサーの誕生までを描いていて、今回はアーサーが17歳くらいまでのお話を描いてるので、正直この本からでも問題なく読めます。
しかしアーサーの誕生やマーリンの腹黒っぷりをよんで味わってほしいので、一冊目から読むのがお勧めです。
この本、読みやすいし、装画も美しいし、本当もう10冊くらい続いてほしいシリーズです。
アーサー王伝説の大作の映画化も進行してるそうなので、それに合わせて、日本におけるアーサー王伝説の新しい古典になることを願っています。
おすすめです。


この本の概要


著者 斎藤洋
本(作者)の国籍 日本
訳者 
イラスト 
出版社  静山社
レーベル 
ジャンル 神話伝説
ページ数 160ページ
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ2冊目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きなので
本の入手方法 ネット書店にて購入

   

収録作品



受賞・ノミネート情報など

不明

内容

石に刺さった剣を引き抜いた瞬間から、アーサーは国王としての道を歩き始める。稀代のストーリーテラーが、新たな視点で伝説を語る。
大魔法師マーリンの計らいで、赤ん坊のアーサーは国王のもとから連れ去られ、エクター卿の次男として育てられた。やがて、アーサーは美しい少年に成長した。国王が死に、その後継争いが始まる。そして「石から剣を抜く者こそ、生まれながらの王である! 」という言葉とともに置かれた剣を、引き抜いた瞬間から、アーサーは国王としての道を歩みだす。魔法の剣に導かれた国王アーサー誕生の物語。4世紀~5世紀頃のイギリスで活躍したといわれるアーサー王と円卓の騎士たちの伝説は、ヨーロッパ中世に花開くさまざまな騎士道物語のなかで語り継がれてきました。このシリーズは、現代の読者におくるファンタジー・アドベンチャーとして、稀代のストーリーテラー斉藤洋が、新しい視点で<アーサー王の世界>を再構成したものです。


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



大魔法師マーリンと王の誕生 アーサー王の世界 1/斎藤洋 著





。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2016年読書感想44冊目)



この本の概要


著者 斎藤洋
本(作者)の国籍 日本
訳者
イラスト 
出版社 静山社
レーベル 
ジャンル 神話・伝説
ページ数 164ページ
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ1作目。
なぜこの本を読んだか。アーサー王伝説が好きなので
本の入手方法 ネット書店で購入。

   
おすすめ度

感動 ★★
面白い★★★★
人に勧めたい ★★★★
驚き ★★★
学んだ ★★★

この本を評価するなら 
88点くらい。私の知らないアーサー王伝説の世界が広がっていました。

収録作品
大魔法師マーリンと王の誕生


受賞・ノミネート情報など
不明



内容(出版社HPより)

美しい娘と、夢の魔のあいだに、男の子が生まれた。名前はマーリン。森の修道院でひそかに育てられた少年は、成長とともに不思議な力を発揮する。やがて大魔法師として、王国を新しい時代へ導いていく。
戦乱が続き、次々と国王が入れ替わる激動のイングランドを舞台に、英雄アーサー誕生までのいきさつを描く、シリーズ第1弾。
4世紀~5世紀頃のイギリスで活躍したといわれるアーサー王と円卓の騎士たちの伝説は、ヨーロッパ中世に花開くさまざまな騎士道物語のなかで語り継がれてきました。このシリーズは、現代の読者におくるファンタジー・アドベンチャーとして、稀代のストーリーテラー斉藤洋が、新しい視点で<アーサー王の世界>を再構成したものです。




この本の感想

新しい視点のアーサー王伝説。マーリンの知恵と魔法に満ちた物語

アーサー王伝説って何? という方。そんな方にこの本はお勧めです。アーサー王の世界が、とても面白く、興味深く最初から書かれているから、入門編にちょうどいいでしょう。
アーサー王伝説と聞いて、ああ、と思う方。そんな方にも、この本を勧めたい。今までのアーサー王伝説とは違う視点から書かれた、素晴らしい物語だから。
外国では大作の映画化の動きがあるといわれているこのアーサー王伝説群ですが、日本では今、手軽に、面白く読めるアーサー王関係の書物というのはほぼ出回っていない。この本が、新しい人たちの興味を引くスタンダートになればいいと思う。それほどまで、この本は骨太で面白く、魔法と意外性に満ちている。しかし、伝説としての「お約束」的な物は守っていて、そこがまた読者をひきつけるだろう。
アーサー王伝説の中では、ある意味神秘的なマーリンという存在を、子供のころから見守って読んでいくうちに、私たち読者はマーリンの事を身近に感じ、親しみを覚えるかもしれない。マーリンは端正な思考をしているけれど、一本信念と芯が通っていてとても魅力的だ。マーリンに反して、アーサー王の父親であるユーサーは、人間らしい泥臭さと欲があり、その対比が面白い。
斎藤洋さんの本は一冊読んだぶりだけれど、エピックな伝説との相性は最高だ。
シリーズものになるのだろう。ぜひ最後まで見届けたいと思わせてくれる、骨太で丁寧なシリーズに、次巻の発売が待ち遠しい。


心に響いたシーンなど
最初のマーリンの出征のシーンと幼少のエピソードが好きです。
魔法に満ちています。


主な登場人物
マーリン。インキューバスを父に持つ少年。
老修道士 マーリンの育ての親。
ユーサー 将軍。

こんな本が好きな方におすすめの本です。
アーサー王伝説に興味のある方に。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

ふしぎな八つのおとぎばなし/ジョーン・エイキン 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2016年読書感想32冊目)



この本の概要


著者 ジョーン・エイキン
本(作者)の国籍 イギリス
訳者 こだまともこ
イラスト クェンティン・ブレイク
出版社 冨山房
レーベル 
ジャンル フェアリーテール
ページ数 192ページ
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? ノン・シリーズ(短編集)
なぜこの本を読んだか。エイキンの本が好きだから。
本の入手方法 図書館で借りてきました。

   
おすすめ度

感動 ★★
面白い★★★★
人に勧めたい ★★★
驚き ★★★★
学んだ ★★★

この本を評価するなら 77点くらい。やはりエイキンは面白い。もう少しこの世界に浸っていたいくらい。

収録作品

雲深き山をこえて
燃えろ、燃えろ、かげぼうし
メリュシーナ
バスケットいっぱいの水
リコリスの木
怒り山
冬の夜にさまよう
落ちていく世界をつかまえろ

受賞・ノミネート情報など
不明


本のあらすじ(「BOOK」データベースより)


エイキンとブレイクのコラボレーションによる本書は、まさに現代のおとぎばなし。森をさまようクマと結婚したいむすめ、海の王ネプチューン、お姫さまやまじょ、歌をうたう青いくつや、ピンクのヘビも登場する。火星人にすてられたかいじゅうや宇宙でのサッカーの試合!まほうとなぞに満ち、ユーモアあふれ、しかも古典の味わいをもかねそなえた魅力たっぷりの短編集。小学校低学年からおとなまで。


この本の感想
やはりエイキンはただの作家ではないな、とこの本を読んで本当に思いました。
エイキンの物語はとにかく不思議で、その想像力、イマジネーションの豊かさには何度読んでもわくわくしたり、脱帽したりするけれど、何よりも彼女の著作には何とも言い難い中毒性があると思います。
短編を書かせたら特に魅力的で、本を一冊読み終わると、もっともっとエイキンの織り成す物語が読みたいと思ってしまう。彼女の物語は私にとってそういったものです。
今回の短編集は、どこか冬の夜のような悲しみが付きまとていて、それがとても印象的でした。
おとぎ話はめでたしめでたしで終わるものが多いけれど、エイキンのお話はそう行くとは限らない。でももちろんそういう風に終わることもある。自由自在の話の構成も、エイキンの魅力と言えるでしょう。
どのお話も面白かったけれど個人的に好きなのは古典的なおとぎ話の手法にのっとった「メリュシーナ」と、人類の創成期とでもいうような、発想がとても面白い「落ちていく世界をつかまえろ」の二本かな。
エイキンの著作はそれなりに読んだつもりだけれど、まだまだたくさんあるので、もっともっっと読みたい。読書の楽しみを教えてくれる素敵な一冊です。




心に響いたシーンなど
冬の夜をさまよう、の最後のオチ。
哀しいお話が多かった本書だけれど、その中でも特に悲しかった。


主な登場人物

短編集につき割愛



こんな本が好きな方におすすめの本です。
不思議なお話が読みたい方に
おとぎ話が好きな方に


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様