FC2ブログ

2019-11

世界のすべての朝は《特装版》/パスカル・キニャール



。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2017年読書感想31冊目)


1650年、サント・コロンブ夫人はこの世を去った。
後には彼女の夫である音楽家と、2人の娘、マドレーヌとトワネットが残された。
音楽家の演奏はやがてヴェルサイユの王にまで届くほどとなり、彼に弟子入りを志願するものも絶えなかった。ムシュー・ド・サント・コロンブは、悔恨の墓という楽曲を弾いた後、稀に訪れる妻の亡霊と対話する。
果たして、音楽とは誰のためにあるのだろうか。音楽とは何なのだろうか。
静かに、しかし烈しい愛と、生と死が語られています。

とても美しい本です。静謐で、物哀しく、神聖でありながらも、身体から肉体を剥がすような烈しい感情が波の様に押し寄せてくる本です。
物語は、とても静かに紡がれていきます。音楽の話なのに、そこに音はないような。しかし、実際には本書は沢山の音で溢れています。
「音楽が舞踏のためではなく、王を喜ばせるものでもないのなら、音楽とは何のためにあるのか、考えたことはあるか?」というようなセリフが、この物語の中に登場します。考えさせられます。
痛々しいまでに不器用で、繊細で、情熱的な老音楽家サント・コロンブの、生き様、心臓の音、その最期の1音まで、つまり彼の人生そのものも音楽そのものではないかと思わされ、一気に、しかしかみしめるように、物語に没頭してしまいました。
烈しい愛、狂おしいほどの静かな愛。物語の中には、エロスとタナトスといった主題が二重に絡み合いながら奏でられていくように感じました。
世界の全ての朝は、2度と帰らない。この本ではそういっています。
まるで、この本自体が仄暗い夜明け後から始まり、朝を迎え、昼を経て夕刻に暮れ、夜に沈み、そうして世界の全ての朝と同じように明け、帰ってこないものとして過ぎ去っていくような、そんな物語だったと感じます。
音楽とは、言葉を持たないものたちのための言葉なのだとしたら、死者の涙のような、靴紐のささやきの様なものだとしたら、音楽を作り、奏でる人間自体には、真に音楽は必要もないのかもしれません。
しかし、音楽がなければ、生きていけないのが人間でしょう。
何度も、泣きそうになりながらこの本を読み終えました。
きっと、2度と帰ってこないのに、またいつかやってきて過ぎ去っていく世界のすべての朝と同じように忘れられない、心に残る、美しい本でした。


この本の概要


著者 パスカル・キニャール
本(作者)の国籍 フランス
訳者 高橋啓
イラスト 手嶋勇気
出版社 伽鹿舎
レーベル 
ジャンル 文学
ページ数 160P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? 単巻。
なぜこの本を読んだか。出版社の姿勢に惹かれて
本の入手方法 出版社から通販で購入。

   

収録作品




内容

芸術とは誰の為にあるのか。
死者に届く音楽は何を老音楽家にもたらすのか。

こんなにも静かな激情
これほどにも高まる愛

ゴンクール賞に続き、2017年アンドレ・ジッド賞を受賞した現代フランス文学最高峰の作家が紡ぎ出す珠玉の物語。
芸術とは誰の為にあるのか――
亡き妻との間で、師弟間で交わされる深遠なる問答。

特装版は著者パスカル・キニャールの意を汲み、本編とコメンタリーブックを分けました。
コメンタリーブックには、若松英輔の美しい解説、岡和田晃の緻密な批評、翻訳家高橋啓のあとがきを収録したほか、新進気鋭の画家手嶋勇気による本編に沿った装画をフルカラーで収めました。
是非、この美しい本をお手元に。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・




スポンサーサイト



『ヴィクトリア』/クヌート・ハムスン 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2016年読書感想2冊目)


この本の概要


著者 クヌート・ハムスン
イラスト  
出版社  岩波文庫(赤)
ジャンル 恋愛小説(文学)
ページ数 217ページ
フォーマット 紙本(文庫)
ノンシリーズかシリーズものか? ノンシリーズ(この本だけで読める)
なぜこの本を読んだか。 レビューサイトでレビューを読んで気になったから。
本の入手方法 通販にて購入

   
おすすめ度

感動 ★★★★
人に勧めたい ★★★★
もう一度読みたい ★★★★
驚き ★★★
学んだ ★★★★

この本を評価するなら 85点くらい。もう一度読みたいくらい好き。

収録作品

ヴィクトリア

受賞・ノミネート情報など
不明


本のあらすじ

お城の城主の娘、ヴィクトリアと、彼女のお笹馴染みである粉屋の息子ヨハンネス。愛しているのはお互いだけなのに、ふたりの間には様々な障碍が存在した。
そうして二人はすれ違いを重ねていき……。
ノルウェーの最も美しく切ない恋物語。


この本の感想


こんなにも切なく美しい恋物語があるだろうか。
文章は簡素でありながら同時に詩的で清冽で、叙情に溢れている。
ヨハンネスとヴィクトリアの恋模様は純愛悲恋の王道といえば王道なのだけれぢも、深く心動かさられる。
詩人として名を馳せたヨハンネスの詩作、そうして夢想と現実の入り混じる様子が素晴らしい。
読書サークルにでも持って行ってほかの方の感想なども聞いてみたい作品。

心に響いたシーンなど

なんといっても最後の手紙のシーンが、この本を唯一無二のすばらしいものにしています。最後の手紙を読んで、もう涙が止まらなくなって……。
この本を手に取ってほんとうに良かったと思うような名シーンです。


主な登場人物

ヨハンネス 粉屋の息子。後に詩人としても成功する
ヴィクトリア 領主の娘。ヨハンネスを愛しているが家のためにほかの人間と婚約する
カミーラ ヨハンネスに助けられた少女。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

『みどりのゆび』/モーリス・ドリュオン 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

(2015年読書感想60冊目)

モーリス・ドリュオン 著 
安東次男 訳

   
おすすめ度★★★★★(涙なしでは読めない一冊。出会えてよかった!)


この本の概要
フランスの作家、モーリス・ドリュオンの著作で古典的名作。
レーベルは岩波少年文庫
本の中には、美しい挿絵がたくさん描かれていて、この本の見所の一つです。


本のあらすじ

チトという男の子には、植物の成長を早めるという、不思議な緑の指があった。
お父さんは街の産業として、戦争の道具を作っているけれど、チトは植物が大好きだ。
チトが自身の緑の指を使って起こす、様々な奇跡とは?


この本の読みどころと感想


美しい挿絵に美しい文章。何よりも美しい心の物語。



昔から名前だけは知っていて、今になって図書館でなんとなく手にとった一冊ですが、この本は、読めて良かった、出会えてよかった! と心から思える名作です。完全に不意打ちでした。朝の電車の中で、読みながらボロ泣きし、それを同僚に見られてしまうということもありましたが、とにかくそれくらい、泣けるお話でした。本読んで泣いたのは、久しぶりです。
とにかく、美しい挿絵、美しい文章、そうして何より、美しい心の物語です。
チト……、チトが天使すぎるのです!
お話は先が読めてしまいますが、シリアスで、でもそこでのチトの振る舞い方が本当に素晴らしくて……。
私たちがチトのようになるのは不可能でしょう。チトは天使です。
しかし、この本を読んで、チトという男の子がいることを、たくさんの人に知って貰って、忘れないで欲しいと、心から願います。
そんな素敵な、本当に素敵な一冊です。
おすすめ。


。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・



車輪の下(ヘルマン・ヘッセ)

車輪の下 (新潮文庫)
車輪の下 (新潮文庫)
  • 発売元: 新潮社
  • 発売日: 1951/11



(2012年感想114冊目)

原題 Unterm Rad
ヘルマン・ヘッセ 著 高橋健二 訳 
おすすめ度★★★★★(名作。特に学生さんには一度は読んで欲しい作品です。)


「そりゃ結構だ。だが、これだけはいっておくぜ。魂をそこなうよりは、肉体を十ぺん滅ぼすことだ。(後略)」(p66)


ヘルマン・ヘッセはかなり好きというか、思いれのある作家である。学生時代ひどい憂鬱に悩まされていたことがあったが、一冊の本を読んだことが、わたしの憂鬱を何か別のあたたかいものへと溶かしてくれたからです。それがヘッセの「デミアン」でした。
それ以来「デミアン」はわたしの人生の一冊とも言えるくらいの思い入れのある本になったが、「車輪の下」は今回が初読み。しかし今回縁があって「車輪の下」の読書会に参加することになったので、この度精読したしだいでした。

数日前まで、この話がハンス・ギーベンラートとヘルマン・ハイルナーという二人の少年に託されたヘッセの自伝的小説だということすら、浅学なわたしは知らなかった。しかしこの話を読んだら、きっと多くの人はヘッセという人物に対して深い興味を抱くようになると思う。
西洋と東洋の血を受け継ぎ、両者の思想を抱いた牧師の家庭に生を受けたヘッセ。その彼の幼年時代の苦しみや、自然と戯れ遊ぶ時の、また故郷を描写するときの瑞々しい美しさの中に、わたしたちは今も変わらぬヘッセの息遣いを感じることができるだろうと思います。

しかし、この本の魅力はなんといっても詩人であるヘッセの分身、ヘルマン・ハイルナーであると思います。ヘルマン・ヘッセと同じ「H・H」のイニシャルを持つ彼は、ヘッセの学生時代、あるいは詩人としての若々しい感性の純化した姿であると思います。主人公ハンスが車輪(社会)の下に押しつぶされた若者であるのならば、ハイルナーはその車輪から逃げ出した人物であると思います。ハンスには詩人になりたいという夢がなかったがハイルナーにはあった。その違いが、両者の違いなのだと思います。
つまりハイルナーは夢を持っていただけに社会をより広く、情熱的に(時にはその情熱は反抗心となったけれども)見ることができたのだと思います。その証拠に、社会に出て労働しだしたハンスには、もう持病の頭痛は起きていません。

ハンスはヘッセと違い、悲劇的な結末をたどってしまいましたが、ハンスの感じやすさ、繊細さ、そうして純粋な自然的な心というのは、愛すべき素養であるように思います。学生の人には、ヘッセの文章は身につまされるかもしれませんが、感じるものも人一倍だと思います。ぜひ、学生時代にヘッセを読んでみて欲しいと思いました。きっと、何かしら得るものがあると思います。

また、この悲劇的な本を愛すべき名作にしている一環に、神学校での少年たちの、生き生きとした生活の描写があることが挙げられると思います。それは例えるならば竹宮恵子の「風と木の歌」や萩尾望都の「トーマの心臓」のような、少女漫画のようなギムナジウム生活を思い起こさせ、そういったものが好きな方なら、ガラスのように硬質で、それでいて感じやすく瑞々しいヘッセの文章が、好きになるのではないかなあと思います。
ヘッセの作品は自己の内省の旅であり、読み終わったあとに、まるで一生涯の経験をしたかのような気分になります。だからこそ、わたしは、わたしたちはハンス・ギーベンラートを友のように感じ、愛しているのかもしれません。


グスコーブドリの伝記 宮沢賢治絵童話集10(宮沢賢治)

グスコーブドリの伝記 (宮沢賢治絵童話集)
グスコーブドリの伝記 (宮沢賢治絵童話集)
  • 発売元: くもん出版
  • 発売日: 1993/07



(2012年感想79冊目)

宮沢賢治 著  スズキコージ 棟方志功 絵
おすすめ度★★★☆☆(素晴らしい童話なのでしょうが、私にはイマイチでした。)


「私のようなものは、これから沢山できます。私よりもっともっと何でもできる人が、私よりもっと立派にもっと美しく、仕事をしたり笑ったりしていくのですから。」(p53)


先ごろ映画も公開された、宮沢賢治の最晩年の童話、「グスコーブドリの伝記」を友達からずっと前に借りていたので、これを機会に読みました。同時収録に短編、「オツベルと象」があります。

木こりの息子のグスコーブドリが、飢饉によって家族を失い、農業をし、勉学に励み、最後には火山観測所の人間となり、自己犠牲の精神から人々を、自分を苦しめた飢饉から再び救う……、というお話です。

この話は、雨ニモマケズに通じるものがあります。つまり、賢治の理想としていた人生の童話なのです。
無私となり、人々のことを考え、自分を犠牲にしていく。今の時代の人々が、ブドリのように生きれたらどんなにかいいでしょうか。そう思わされます。まあ、あくまでそれは一種の理想なのでしょうが……。
理想がなければ人々は生きていけない。だからこそ理想は尊いのだなあ、と思わされた一冊でした。
でもまあ、現代の人々にはちょっとブドリに共感するのは難しいかも、と思ってしまいました。斜に構えてしまうんですよね。かくゆう私も、一読目はこの童話の良さがわからなかったです。
あと、絵が独特かな。この独特な絵が、またいいのかもしれませんが。私の好みからするとちょっと外れているかなあというのが残念。
オツベルと象は、オツベルが可愛かったです。

このグスコーブドリの伝記という話は、賢治を知る上では欠かせない一篇。一読の価値はあると思います。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様