FC2ブログ

2011-03

ユリエルとグレン2 ウォーベック家の人々

ユリエルとグレン (2) ウォーベック家の人々
ユリエルとグレン (2) ウォーベック家の人々
  • 発売元: 講談社
  • 価格: ¥ 1,365
  • 発売日: 2008/11/22

石川宏千花 著 藤田香 表紙絵
お勧め度★★★★☆(4・5位。完成度の高い本だと思います!)

ユリエルとグレン2冊目。
題名が犬神家みたいで良いですねー。
バンパイア・ハンターを生業とするウォーベック家に、バンパイア・ハンターになるべく入門したユリエルとグレン。
バンパイアに襲われ、彼らと同じようにバンパイア・ハンターを志す少年たちと一緒に、<銀の薔薇>と呼ばれる施設で生活を始めるも、そこに待っていたものは…?

作者様の成長が感じられる一冊で、文章が非常に洗練されて、展開も手に汗握り、ホッとできるところはホッとでき、とても凝縮された一冊になっています。いやー、おもしろかったです。
テーマはなんかとても深く、兄弟に待っているのは決断の連続で、心苦しいのですが、その決断の一つ一つがすがすがしくて、うれしいです。
私のお気に入りの場面は<銀の薔薇>で暮らす少年たちと兄弟が本音を語り合って打ち解けた場面。
こういう、感情面でも兄弟が受け入れられると、なんだかとてもうれしいです。
あと、トリストラム神父が兄弟を襲ったバンパイアの片割れ、アイオネを介抱し、アイオネが人間たちに目を向けるシーンもお気に入りです。
さまざまな事柄が発展していき、昔と同じであることができなくなってしまう。その中で感情にも深みが増し、人間関係も変化し、そこから新しいものが生まれる。
兄弟たちの選択と行く末を見守っていきたいと心から思わせてくれる一冊でした。最後の一冊が楽しみです。

以下追記で本当にちょっとだけ。

Read More »

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様