FC2ブログ

2012-10

サエズリ図書館のワルツさん1(紅玉いづき)

サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)
サエズリ図書館のワルツさん 1 (星海社FICTIONS)
  • 発売元: 講談社
  • 発売日: 2012/08/17


(2012年感想104冊目)



紅玉いづき 著 sime 表紙絵
おすすめ度★★★☆☆(お話としては可もなく不可もなくといったところ。)


「本ってどうやったら、こんなにたくさん読めるんですか?」
岩波さんは丁寧に作業をしながら、顔をあげずに答える。
「好きになれば、読めるだろう」
「どうやって、好きになりますか?」
「そりゃあんた。面白ければ、好きになるだろう」(p36)



紅玉いづきさんの「サエズリ図書館のワルツさん」一巻です。中身は連作短編集でしたが、1と銘打ってあるということは続編も考えられているのでしょうか。確かに続きそうな雰囲気ではありますね。

進んで読書するような本好きの人間にとって、本や本屋や図書館を舞台にした作品は、本当にずるい、と思います。しかも最近そういうのが流行ってるんだから、本当にずるい。
この本もそう言った本の一つで、大災害で紙の本がほとんど失われた後の日本の図書館が舞台となっています。
本はあるのですがほとんど電子書籍で、紙の本は贅沢品とされる世の中。未来にはそんな世の中来るのかなと本好きの誰もがきっと思いながら、この本では作者は、紙の本はなくならないと強く言っています。

ただ、作者様の紙の本への愛着が強いのはわかったのですが、お話としての面白みを考えるとうーん? と思ってしまう。お話としての中身があまりないというか……(特に最初の二篇)
そのあたりが残念でした。

でも、やっぱり読書や図書館が好きなら、ところどころ共感できる内容で、良かったと思います。
ただ、私はまだまだそこまでいかないので、書痴の人の本に対する執念といううかこだわりには、怖いなあと思います。
「上緒さん」「古藤さん」「森屋さん」「割津さん」と四編が収録されていますが、お気に入りは最後の二篇かな。上緒さんは最初はあまり好きになれなかったけど、いい子だと思います。

この本はSFだと思いますが、図書館を舞台にしたSFってちょっと珍しいかな? と思い、そのあたりは楽しめました。ただ、全体的に薄いかなあと思ってしまい、そこまでのめり込みませんでしたが…。
でも、続編出たら読むと思います。
好きな人は好きな題材の本だと思うので、興味がある人は、読んでみるといいのではないでしょうか。それこそ、図書館で借りるのが風情があるかも、なんて思ってしまう一冊です。

スポンサーサイト



フェアリー・プリンセス 盗まれし季節の誓い(下)(ジュリー・カガワ)




(2012年感想103冊目)

原題 Iron Daughter
ジュリー・カガワ 著 宮崎真紀 訳   彩 表紙絵
おすすめ度★★★★☆(なかなかに切ないお話でした。面白かった。)

「さあね。ネバーネバーを出たとき、きみといたいってことしか頭になかった。そばにいてほしければいつでもそう言って」(p304)


ジュリー・カガワさんの、「Iron Fey」シリーズの2作目の邦訳の下巻。
奪われた季節の王笏を奪還するため、ミーガンたちは追放された妖精である、リアノーン・シーの力を借りることに。しかし、そんなミーガンの前に、アッシュが敵として立ちふさがり……。

というようなお話です。

下巻も面白かったです! 本当、さくさくと物語が進んで、ページをめくる手が止まらないです。
アッシュが敵になって登場して、ミーガンたちに襲いかかるのですが、そのあたりとか何ともドキドキしましたし、最後も違う意味でドキドキしました。こんなドキドキ感、いい読書体験ならではが生み出すものですよね。
最後の方は、なんとも切ない話が続き、一応ミーガンとアッシュは一緒に人間界に追放されるのですが、今後の展開が気になります。なんといっても、二人を覆っているのは黒い雲のような気がしてなりません。一体どうなってしまうのか。次が本当に気になる物語です。巻が進むごとに面白くなっていく印象です。

でも、惜しいなあと思うのはところどころ展開が甘いと感じるところですね。ミーガンの父親とか、アイアンホースの行く末とか、すごく大事なことがあっさりと読めてしまうのは、大変惜しいことです。
ともあれ、2冊目のこの話が面白いのも事実。アッシュとパックが共闘して、仲の良さを窺わせるやりとりは素直に嬉しいし、ロマンス要素もいいです。何よりびっくりしたのは、ミーガンの部屋にエスカフローネやNARUTOのポスターが貼ってあったことでしょうか。ミーガン、オタクだったんだな……。
それにしてもこのお話では、パックが前作に比べて活躍し、株をあげたのが嬉しいです。
とにかく続きが気になる! 直ぐに読めて面白い。アメリカのティーンに支持されるのもわかる、そんなお話でした。おすすめ。


フェアリー・プリンセス 盗まれし季節の誓い(上) (ジュリー・カガワ)




(2012年感想102冊目)

原題 Iron Daughter
ジュリー・カガワ 著 宮崎真紀 訳   彩 表紙絵
おすすめ度★★★★☆(波乱の展開。前巻よりも面白い。)


パックはわたしのことが好きなんだ。わたしの一部がどきどきしながらつぶやく。そう、彼はわたしのことが好き。本当はわかってた。ずっと前から。(p210)


ジュリー・カガワさんの、「Iron Fey」シリーズの2作目の邦訳の上巻。
アッシュとの約束を守り冬の王国へと趣いたミーガンは、そこで辛い日々を送っていた。そんな中、夏と冬の国双方にとって大切な「季節の王笏」をアイアン族に奪われてしまい…??

というようなお話です。

いやー、この本は面白かったです。予想を裏切る波乱の展開続きで、ドキドキと読み進めることができました。前作では若干薄味だったロマンス要素も濃厚になってきて、違う意味でもドキドキします。いや、なんというかロマンスというより日本の少女漫画的な展開なのですが、そこがたまらなくいいです。
また、一巻で敵だった意外な人物(アイアンホース)が味方になってくれたのも意外でしたし、アッシュの兄、ローワンやセージの進退も意外でした。
でも何より嬉しかったのは、パックの再登場ですね。アッシュとミーガンを含める3角関係に、どう見たってパックの勝ち目はなさそうなのですが、それでもパックが登場すると場が明るくなるように感じます。
冬の王国の描写もなかなか美しい。夏の王国がアルカディアで冬の王国がチール・ナ・ノグなのも、いいなあと思います。
前作から張られていたグリマルキンとの契約の伏線は、あっさり片付きすぎてちょっと物足りなさを感じましたが、今回の巻もいろいろ伏線を張っているようなので、その回収が楽しみです。
それにしても、個人的には一巻よりも面白く感じました。下巻も新たな登場人物の出現に、ますます面白くなりそうなので、期待して読みたいと思います。
本当、ロマンス・ファンタジーとしてとても面白い作品だと思います。気になる方がいたら、ぜひ読んでみてください。
それにしてもミーガン、変わらない部分もあってイライラすることもあれば、成長したなあと思うこともあって、そこも物語の醍醐味かなと思いました。ミーガンの好感度も、前作に比べたらUPしたように思います。

ルーンの子供たち1 冬の剣(ジョン・ミンヒ)

ルーンの子供たち 1 冬の剣
ルーンの子供たち 1 冬の剣
  • 発売元: 宙出版
  • 発売日: 2006/01/31



(2012年感想101冊目)

ジョン・ミンヒ著 酒井君二 訳   中川悠京 表紙絵
おすすめ度★★★★★(大好きな本。何度読んでも面白い。)


「おまえはこの世のすべてを生きてきたわけじゃないんだぞ。バカなやつめ。何をそんなに耐え続けているんだ。この世ではみんなつらいめにあっているんだ。それでも生きようという欲望を、少しでも立派に生きていこうという欲望を隠すこともせずに生きているんだ。人間はいつか死ぬために生きているんじゃない。生きている明日のために生きるんだ」(p294)


韓国のファンタジー小説、「ルーンの子供たち」シリーズです。
日本でも展開しているオンラインゲーム、TalesWeaverの原作小説でもあります。しかし、この本自体が非常に良質なファンタジーなので、オンラインゲームを知らなくても十分楽しめると思います。

そして、再読本でもあります。何度読んでも面白さが色あせないだけでなく、読めば読むほど面白くなる、そんな本だと思います。
話のあらすじとしては、魔剣を持った少年の成長物語なので王道中も王道なのですが、厳しいストーリー展開、世界観の奥深さや、魅力的なキャラクターなど、非常に質の高い物語です。ただ、誤字がちょっと多いのが残念かなあ。

個人的には、イェーフネンが虫を食べるシーンが忘れられないです。主人公ボリスの心の葛藤も深く、ぐいぐい引き込まれてしまいます。
しかし、オンラインゲームをやっている身としては、ゲームのキャラクターたちが活躍してくれるのが嬉しいですね。
しかし、この物語の魅力の一端は、ゲームには登場しないウォルナット(後のイシルダー)の存在でしょう。ほかにもロズニスやイェーフネンなど、脇役も本当に魅力的です。
韓国のファンタジーなら、私はドラゴンラージャよりルーンの子供たちですね。それくらい自信をもって、大好きと言える作品です。
重い雰囲気が続くお話ですが、暗くなりすぎないのは登場人物の魅力と、軽快な会話のおかげでしょう。思わずくすっと笑ってしまうようなやり取りもあって好きです。
この巻自体は、まだまだ序章といった感じなので、これからのボリスの世界の広がり方が、非常に楽しみです。
本当、ちょっと分厚いですが自信をもってオススメできるファンタジーです。ぜひ読んでみてください。


ラベンダー・ドラゴン(イーデン・フィルポッツ)

ラベンダー・ドラゴン (ハヤカワ文庫 FT 8)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 1979/08



(2012年感想100冊目)


原題 The Lavender Dragon
イーデン・フィルポッツ著 安田均 訳  加藤洋之 後藤啓介 表紙絵
おすすめ度★★★★☆(ファンタジーという名の哲学書。妙に悲しみの余韻があるのがいいです。)

「慈悲深く優しい彼の魂がわれわれのうちにあって、この失望多き世界に幸福を授けることができるようにわれわれを助けてもらおう」
「そうなりましたわ」彼の妻が言った。「わたしの愛するドラゴンの知恵に触れたもので、以後変わらずにおれた人はいませんもの」(p184)



ミステリー作家として有名なフィルポッツが描くファンタジー小説、「ラベンダー・ドラゴン」の感想です。
1923年の作品とのことなので、今から約90年前の作品ですね。そんな古さを感じさせない、素晴らしい作品でした。
ジャスパー卿は騎士道の具現の旅の終わりに、ひとつの村を訪れます。その村は邪悪なドラゴンに悩まされていました。しかしジャスパー卿がドラゴンと退治してみると、そのドラゴンは年老いた、良い叡智を持つ、懸命なドラゴンだったのです。しかも彼は、ユートピアを治めていて……。
というようなお話です。

ファンタジーと言いながら、これは一種の哲学書とか、神学書といった雰囲気です。
舞台となるのは中世暗黒時代ですが、現代人に向けたメッセージもあるのでしょうね。難しいお話はドラゴンの口から語られるので、あんまり嫌味な感じはなく読むことができます。

本当の幸福とは? 生とは? 死とは? 人間とは? など多彩な問が投げかけられています。ここまで人間のことを想い、考えてくれるドラゴンがいるということが、なんだか嬉しくて、この本を読んでいる時間はあっという間に過ぎてしまいました。ドラゴンといえば西洋では邪悪の象徴。しかし、ラベンダー・ドラゴンみたいなドラゴンがいたら、人間たちとともに暮らせたら、どんなにそれこそ、本当の幸福であることでしょう。

死期も間近に迫った年老いたドラゴン。彼には痛風もリューマチもあるというのが、また憎めないところであり、作者のユーモアであり、悲哀であります。
最後は少し悲しいですが、ドラゴンとの経験を胸に、みんなそれぞれらしく生きていくのでしょうね。
なんとも、ちょっと悲しい読後感の小説でしたが、この悲しみさえ、我々がドラゴンの考えに触れることができた証のようにも思います。

幻魔の虜囚(タニス・リー)

幻魔の虜囚 (1983年) (ハヤカワ文庫―FT)
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 1983/04


(2012年感想99冊目)

原題 Volkhavaar
タニス・リー著 浅羽莢子 訳  
おすすめ度★★★★☆(4・5くらい。タニス・リーらしい物語です。)

「行きます」シャイナは言った。
「夜はじきに終わって?」ウォーナが尋ねた。闇に置かれた子供に一瞬戻って。
「どんな夜も」シャイナは言った。「いずれは明けます」(p268)



大好きな作家、タニス・リーの初期の長編です。原題はそのものずばりのVolkhavaar(ヴォルクハヴァール)
登場人物の名前がそのままタイトルになっているタニス・リーの小説も珍しいかも??
この物語はカーニック(実はヴォルクハヴァール)の旅の一座の看板役者、ダジエルに恋をした奴隷娘シャイナの物語ですが、タイトルになるだけあって、このヴォルクハヴァールが、すごい存在感を放っています。
なんといっても、その生い立ちが丸々一章分を使って描写されるさまは圧巻。そのおかげで、最後の方なんて、ヴォルクハヴァールは悪い奴のはずなのに、なんだか哀れが先立ってしまって、ヴォルクハヴァールに感情移入してしまいます。
そうして、シャイナが想い人を救うというストーリーは、この本の中ではあまり主格をなしていないのです。
この本で語られているのは、愛であり、愛の変容と愛を受け入れることにあるかと思います。しかし、愛と憎しみが一体であるように、作者が語るように、愛とは円であり輪なのです。
物語自体も、ダジエルとシャイナが最後結ばれることなく別々の道を行ったのも印象的。でも、私はこの終わり方も好きだな。シャイナがダジエルを愛さなくなったわけではないのだし。
あと、忘れちゃいけないのが不器量な王女ウォーナの存在。彼女が愛猫と戯れる描写とか、徐々に成長していく様子とか、正しくおとぎ話の典型という形です。
タニス・リーの独特の美文体と、浅羽さんの翻訳も相変わらず素敵です。久しぶりに読むと、タニス・リーと浅羽さんのコンビは、自分の海外FT好きのきっかけの一翼を担っているので、読んでいて読書する楽しみが湧き上がってきました。充実した読書時間でした。
冒頭に、「愛とは輪である。輪には終わりがない」とロシアの諺が引用されていますが、正しくそんな感じの、濃厚で、タニス・リーらしい一冊でした。おすすめ。「平たい地球」シリーズもまた読みたくなってしまいました。


春期限定いちごタルト事件(米澤穂信)

春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
春期限定いちごタルト事件 (創元推理文庫)
  • 発売元: 東京創元社
  • 発売日: 2004/12/18



(2012年感想98冊目)


米澤穂信 著 片山若子 表紙絵  
おすすめ度★★★★☆(小鳩君と小山内さんのコンビが癖になってきます。)

「一朝一夕には上手くいかないさ。すぐに完璧にやろうなんて、ぼくたち、ちょっと短気すぎたんだ。がんばろう。じっくりやっていこうよ」
諦念と儀礼的無関心を自分の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を。(p243)



米澤穂信さんの学園ミステリ、「小市民シリーズ」の第一巻。
「羊の着ぐるみ」「For your eyes only」「おいしいココアの作り方」「はらふくるるるわざ」「狐狼の心」の5編の短編を収録しています。
学園ミステリで、分類としては日常の謎系のミステリになります。連作短編で、各章ごとの謎はもちろん、全体を貫く謎が用意されてるのも嬉しいですね。こういうの好きです。
さて、主人公の小鳩常悟郎君と小山内ゆきさんは、過去のとある出来事から(この巻では明らかになっていません)目立たない小市民になろうという誓いを立てたぴかぴかの高校一年生。果たして、二人は小市民になれるのか!? というお話です。

最初は、読むスピードが遅かったのですが、さすが米澤さん、後半になるにつれて読むスピードが早くなり、最後は止まりませんでした。つまり、後半になればなるほど、面白かったです。小鳩くんの語り口も面白いし、ふたりの明らかにされない過去も気になるで、どんどん読み勧められます。最初は二人共なぜ小市民にこだわっているかがわからず、得体がしれなかったのですが。
キャラクターも魅力的で、氷菓もアニメ化されたし、次はこれもアニメ化されるんじゃないかなあと思える程に面白いシリーズでした。
小山内さんの本性はちょっと怖いけれども、小山内さんの過去も気になる。小鳩くんの昔を知る友人の堂島健吾もいいですね。彼がまっすぐ小鳩くんを昔のお前は嫌な奴だったが嫌いじゃなかった。と言ったシーンは印象的でした。
次の巻も気になるので、早速読書してみたいと思います。おすすめの一冊です。
美味しそうなお菓子とか洋菓子屋さんとかが出てくるので、読み終わったあとにケーキバイキングとかに行きたくなったのは秘密です。でも、表紙も題名も可愛らしくて、そんなところがお気に入りです。中身はそんなに可愛くないところがいいのですね。



イスカンダルと伝説の庭園(ジョアン・マヌエル・ジズベルト)

イスカンダルと伝説の庭園
イスカンダルと伝説の庭園
  • 発売元: 徳間書店
  • 発売日: 1999/12


(2012年感想97冊目)


ジョアン・マヌエル・ジズベルト 著 宇野和美 訳  
おすすめ度★★★☆☆(影がさしながらも、美しい物語です。)

「(中略)詩は、美しいだけでなく、真実の光も宿すものだからな。命をかけて、真実を求めようじゃないか」(p138)


イスカンダルに関する本を探していた時に目にした本。
この本に出てくるイスカンダルは架空の建築士でしたが、それでも彼が作り出す庭園にうっとりしながら読みました。
アルイクシール王は、建築士イスカンダルに、この世の美を極めた庭園を作るように依頼します。しかし、庭園が完成したとき、アルイクシール王はイスカンダルを……。
というようなお話です。(全然わからないかもしれないですが……)

美しい庭園の描写、美しい詩に彩られた文章、叙情性にあふれる描写の数々……。全体的に、影がさしながらもとても美しい物語で、特にイスカンダルが作り出した庭園の描写は秀逸です。うっとりする。
物語の展開も二転三転して、薄い本なのですが、後半は一気にページをめくってしまいました。面白かったです。
しかし、創造者の最も大事なものはやっぱり自由なのだなあと思った次第です。登場人物は皆、何かを生み出すことに執念を燃やす人ばかりというのも、印象的でした。
自由を奪われながらも、創造し続けたイスカンダルの執念というかエネルギーというかは、すべての創造者に共通する部分だと思います。やっぱり創造者は、生み出さなければならないのですよね。
独創性とかはあまりない、どちらかというと安定感のある物語で、非常にクラシックな感じのお話で私は好感です。もし図書館などで見かけたら、手にとってみるといい一冊かもしれません。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様