FC2ブログ

2013-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルピシア福袋 2013年夏 (バラエティー 緑茶 烏龍茶) ネタバレ

今年は夏の福袋も買っちゃいました。
発売日の朝本店に行って買ったら、この緑茶烏龍茶のバラエティはもう残り少なかったです。
画像なしで失礼します。全て袋入りです。


緑茶(ノンフレーバード)
宇治新茶 やぶきた 2013 50g 1300円
掛川 山の息吹 50g 1050円
嬉野玉緑茶 50g 700円

緑茶(フレーバード)
楽園 50g 650円
巨峰 50g 500円
グレープフルーツ 50g 500円

烏龍茶(ノンフレーバード)
玉山金萱 特級 冬摘み 30g 1300円
台湾烏龍茶 冬摘み 2012 焙煎 50g 680円
黄金桂 50g 650円
白葉単叢50g 650円

烏龍茶(フレーバード)
白桃烏龍 極品 50g 1050円
マスカット烏龍 50g 500円

その他緑茶系
抹茶黒豆玄米茶 50g 500円
茉莉花茶 50g 450円

ハンディークーラー 1リットル 1890円-

合計14品+1品 =12370円


白桃烏龍が入ってるのが嬉しい!
個人的には年明けの福袋よりだいぶお得な感じがします。福袋買うなら夏の方がいいのかなー?


スポンサーサイト

紅玉は終わりにして始まり 時間旅行者の系譜1(ケルスティン・ギア)


紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)

紅玉は終わりにして始まり (時間旅行者の系譜)


  • 発売元: 東京創元社

  • 発売日: 2013/02/09








(2013年感想45冊目)


原題 Rubinrot
ケルスティン・ギア 著  遠山明子 訳 ワカマツカオリ 表紙絵

おすすめ度★★★★☆(4・5位。主役二人の恋模様にときめきます。)


「君は軽率で……危険で……それにそれに……」ギデオンは息を呑み、あたしを見つめた。「……勇敢だ」(p246)



ドイツでは既に第一部だけでも100万部売り上げた、大人気のロマンス・ファンタジー。向こうでは今年3月に映画も公開されました。原書を踏襲したピンクの可愛らしい表紙が素敵ですね。まだまだ謎もいっぱいあって、一部目は壮大なプロローグって感じでしたが、面白かったです!

16歳のグウェンドリンはある日めまいに襲われた。それは一族に代々伝わるタイムトラベルの予兆。なんでそのために訓練していた従姉妹のシャーロットじゃなくて、あたしがタイムトラベラーなの!?
しかも相棒となったギデオンは気絶するくらい素敵だけれど、いけ好かないやつで……。

タイムトラベという複雑な時間的要素が物語中に張り巡らされているので、きっと再読したらいろいろわかって面白いだろうなと感じた作品です。(この感想は初読の感想を書いています)
わからないことや謎はいっぱいありますが、それでも面白く、ついついページをめくる手が止まりませんでした。
話は全体的にシリアスだけど、ところどころくすっと笑えるところがあるのがとっても素敵です。
でも、これは3部作が刊行されてから、一気に読んだほうがすっきりしそうな作品ですね。三部作目は8月刊行予定なので、ちょっと間があくなあ。

この本の魅力は、しっかりしたストーリテリングと、脇役も含めて魅力的な登場人物たちでしょう。特に、最初は仲が悪かったギデオンとグウェンドリンが、お互いへの気持ちを徐々に自覚して、最後は急接近するのがいいです。ギデオンも、最初はいけ好かないやつだったかもしれないけど、実はいい人みたいだし、グウェンドリンは可愛いし。
二人の恋模様や、友情や冒険は読んでいてとても良かったです。

ただ、物語自体は謎ばかり残るので、ちょっともどかしいかも。続けて二部作目も読みたいですね。
日本の少女漫画のような、とにかく可愛らしい物語なので、気になる方は一読してみるといいかも。私は好きです。三部作目が出る8月が待ち遠しいのです。


ディアスと月の誓約(乾石智子)

ディアスと月の誓約
ディアスと月の誓約
  • 発売元: 早川書房
  • 発売日: 2013/04/24



(2013年感想44冊目)


乾石智子 著 吉田ヨシツギ 表紙絵

おすすめ度★★★★☆(静謐な美しさのある物語です)


イェイル、生きていく、ということは、ただ息をして暮らしていく、ということではないのだな、それだけでもすごく難しいのに、と心の中で叫ぶと、九歳の顔のままの乳兄弟は確かにそうだな、と苦しそうに顔を歪めた……。(p131)


乾石智子さんの書くファンタジーはやっぱりすごい、と読んでいていつも思う。今回は北の大地を舞台にした、冬と氷と、ファンズという獣たちに彩られた物語です。
静謐でありながら美しい文体、静かでありながらも熱い友情や信頼といった感情たち、骨太の世界観。乾石智子さんは間違いなく異世界を視ることが出来る作家さんだと思います。

家臣に育てられた王の息子、ディアスはのんびりと暮らしていた。しかしある日、彼を政敵とみなし恐れる兄、オブンの策略にかかり王から南の大地へと追放される。その頃、オブンの娘であり、ディアスの幼馴染でもあるアンローサも、危険にさらされ、北へと落ち延びるのだった……。

というようなお話かな。

乾石さんの作品はこれでもう何冊目になりますが、とにかく詩的で美しい文体、静かなようでいて熱い人間関係や感情の書き方が素敵です。今回のお話もそうで、少年少女たちの友情や信頼関係が、北の大地の寒さよりも熱かった!
乾石さんの文体は重厚だけれど、その中にくすっと笑えるようなユーモアや温かさがあるのが素敵です。
今回は少年と少女の成長の物語かな。王子様、お姫様として育ったディアスやアンローサが、落ち延びる先でそれぞれ様々な経験をして、ぐんぐんと成長していく様子が、感動的ですらあります。
特にアンローサと侍女ナナニの心の交流が素敵。
でも、わたしは9歳でなくなった主人公の乳兄弟、イェイルが好きです。亡くなったあともディアスを導きつづけ、最後にしたあの決断には、心を揺さぶられました。
本当、乾石さんは今の国内ファンタジー界において、素晴らしい作家さんのひとりです。執筆スピードも半端ではないので、本当すごいなあと思います。
乾石さんの作品を読んだことのない方には、ぜひ何か読んで欲しいなと思います。そうしてその素晴らしいストーリィテリングを体験して欲しいです。
この本も良かったです。もう、これからも絶対追いかけたい作家さんです。


霧の日にはラノンが視える1(縞田理理)

霧の日にはラノンが視える (1) (ウィングス文庫)
霧の日にはラノンが視える (1) (ウィングス文庫)
  • 発売元: 新書館
  • 発売日: 2003/07/01



(2013年感想43冊目)


縞田理理 著 ねぎしきょうこ イラスト

おすすめ度★★★★★(題名良しキャラ良し雰囲気良しの素敵な一冊。)


「ラムジー。人は強いから弱いの。あの人がちゃんと笑えるようになるまで、お前がしっかり側についていてあげなくちゃ。たとえ自分には何も出来ないと思ってもよ」(p271)


クリップフォード村で生まれた七番目の子供には呪いがかかっているというーー。
その呪いを解くために単身ロンドンに家出したラムジー少年は、不良に絡まれていたところを、ジャックという青年に助けられる。そのジャック、仲間と思しき男からは「王子」と呼ばれ、心を閉ざしたままの美しい人、カディルを連れていた……。

というあらすじ。
表題作、「霧の日にはラノンが視える」ほか「晴れた日は魔法日和」を収録した縞田理理先生のデヴュー文庫です。
なによりこのあらすじ、タイトル、表紙絵、そうして妖精物らしいという全てに惹かれて手にとった1冊です。こういうお話本当に好きなんですよね。

読んでみた結果、期待を裏切らないとっても素敵な作品でした。皆妖精界であるラノンからの追放者で、犯罪者であるにもかかわらず、悪い人はほとんど出てこないし、主役のラムジーはいい子だし、読んだあとにはそれこそ霧が晴れたような爽やかな気分になれるお話でした。

何より、キャラクターが本当にいいのです。わたしは特にジャックが好き! 王子にしては平凡なその名前も、ジャック・フロストから取られたと言われればうなずけます。ジャックが、霜の王子様なんですが、その割にはなかなかあたたかい王子様でとってもいいのです。ジャックもレノックスも、いい子なラムジーにいい人と言われても仕方ない世話焼きっぷりが素敵です。しかし自分、本当にこういうお話好きだなあと痛感した1冊。そして、ジャックみたいなキャラに弱いですね……。

ちょっと詰め込みすぎなところもあるけれど、その分作者様の愛が感じられるし、本当に素敵な話だなと思います。
あと、女の子キャラが極端に少ないのも、今後に期待という感じかなあ。唯一の女の子キャラ、アグネスはとっても可愛かったのですが。
続編もあるようなので、追っていきたいと思います。
タイトルに少しでも心惹かれるロー・ファンタジー好きの方は、ぜひ手にとってみて欲しい一冊。
いいお話なのに、知名度はちょっと低いかなと思うので、もっと読まれるといいなあと感じた作品です。

ドラゴン・キーパー 最後の宮廷龍(キャロル・ウィルキンソン)

ドラゴン・キーパー 最後の宮廷龍
ドラゴン・キーパー 最後の宮廷龍
  • 発売元: 金の星社
  • 発売日: 2006/09/15




(2013年感想42冊目)


キャロル・ウィルキンソン 著 もきかずこ 訳 装画 町田尚子

おすすめ度★★★☆☆(ドラゴンを愛おしみたい人のための物語、かな。)

「そなたは、最後の龍守りだ、ピン」(p425)


地元の図書館で、ずっと気になっていたシリーズを、今になって読書です。
作者はオーストラリア在住らしいですが、中国やドラゴンに惹きつけられてやまないらしく、これはそういった内容の本になっています。
奴隷として育ち、自分の名前も知らなかった少女が、あるとき龍の声を聴き、その龍と海を目指して旅に出る物語です。

なんといっても、表紙絵のピンとダンザがかわいい…!
でも、実際物語を読んでいると、ピンもダンザも、可愛いとはちょっと違う感じなのですが……。あんまり可愛くないかな。生きるのに必死なので、可愛さを求めるのもあれなのですが。

この本は3部作の1冊目らしいですが、一応この本だけでも、物語自体は一区切りついています。続編は、気になるような、そうでもないような…。
でも、リュウチャがこのあとどういうふうにピンと関わることになるのか気になるし、(運命の出会いって、ピンとリュウチャの出会いのことだよね??)ドラゴンの赤ちゃんとか絶対可愛いし、余裕があれば続きも読んでみようかと思います。

何より、こんな、日本で言えば上橋菜穂子さんが書きそうなお話を、欧州圏の作家さんが書くなんてすごいなあと思います。翻訳ものであることを、ともすると忘れてしまいそうでした。面白かったです。でも、たまに出てくるカタカナの読み仮名は、雰囲気を重要視するなら別にいらなかったかも。いや、これが翻訳ものだということを思い出させてくれたので、個人的には死霊使いにネクロマンサーと読み仮名が振られていても気にはならなかったのですが。
でも、作品全体がもう一歩って感じがしたのも確かかなあ。
しかしこの本は、ドラゴンと共存し、旅をするなんていうドラゴン好きにはたまらないお話です。ドラゴンを愛でたい人は一読の価値ありです。


ヴィクトリアン・ローズ・テーラー 恋のドレスとつぼみの淑女(青木祐子)






(2013年感想41冊目)


青木祐子 著 あき 絵

おすすめ度★★★★★(面白かった! これからの期待を込めて、★5つです。)


シャーロックがクリスを見る。ふたりの目があった。シャーロックもふと笑った。
そしてそのとき、ふたりはまったく同じことを思ったのだった。
目の前のこの人は、なんと美しい人なのだろうかーーと。(p225)



読書メーターのお気に入りさんのお気に入りのシリーズということで、前々から気になっていたシリーズを読書です。
ロンドン郊外にある仕立屋、「薔薇色」は着る人の恋を叶えるという不思議なドレスを作るお店。
ある日、ハクニール公爵家の子息シャーロックが、足の不自由な妹のためにドレスを仕立てて欲しいと頼みにやってきて……??

ああ、これはこの先が楽しみな一冊です! 長いシリーズの最初の1冊なのですが、身分違いの二人の恋に既にドキドキとしてしまいます。
ドレスや、ちょっとだけ出てくる食べ物の描写も綺麗です。青木先生は、優しい、美しい文体を書かれますね。

何より、クリスもシャーリーもパメラも、フローレンスもアンディも、多彩な登場人物がみんな素敵で、特に最初の三人は、これからを応援したくなってしまう魅力に溢れています。
なんというか、どの登場人物も行く末が気になるし、応援したくなってしまいます。
クリスは地味な女の子かもしれないけど、もう本当に可愛くてかわいくて…!
シャーロックは、実はいい人みたいな感じで、とっても好感が持てます。
ちょっと構成がイマイチかな?(盛り上がりに欠ける)とも思うのですが、最後の最後、二人の恋が始まった一文を見て全て持ってかれました。

関係ないですが、ヴィクトリア朝でシャーロックというとホームズを思い出すわたし。シャーロックという名前はこの時代ではとても珍しい名前なのだそうです。でも、いい名前ですよね。
クリスティンはキリスト教徒を意味する名前で、パメラは「蜜のように甘い」だったかな?
なんだか久しぶりに、名前マニアの血が騒いだ、そんな本でした。
この1冊だけで多くの登場人物が出てくるシリーズですが、本当、まだ見ぬ皆様も含め、みんなに幸せになって欲しいシリーズです。
ドレスは着る人の心を映す。いい言葉ですね。
闇のドレスという言葉にも惹かれました。クリスの付けるドレスの名前たちも素敵です。
本当、衣装はその着る人の心を映すように思います。
クリスもシャーリーもパメラも、恋を知りこれからさらにどんどん綺麗になっていくといいなー。
文章も読みやすかったですし、フローレンスは可愛かったし、何気にアイリスは好みだし、これからが楽しみなシリーズです。読んでよかった! と思えるシリーズ。
このままコバルトのヴィクトリア朝のものにはまっていきそうな最近です。
長いシリーズなので手を出しにくいかもしれませんが、女の子らしい、まさしく少女小説な1冊。お勧めです。
昨年完結したらしいので、一気に読みたいと思います!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。