FC2ブログ

2014-11

女神の幼い娘(下) ArcheAge もみの木と鷹2 (ジョン・ミンヒ)

女神の幼い娘(下) ArcheAge もみの木と鷹2 ゲームオン女神の幼い娘(下) ArcheAge もみの木と鷹2 ゲームオン
(2013/06/14)
ジョン・ミンヒ

商品詳細を見る



(2014年読書感想57冊目)

ジョン・ミンヒ 著  田端かや 訳
おすすめ度★★★☆☆(3・5くらい。もう少し丁寧に描写があってもよかったかも。)


「慈悲だって? 私に慈悲を期待するのか?そう、これが私を翻弄して座を奪おうとした、身分も知らない女への、私を裏切って勝手に行動した弟への、私をだまして三年も幸せに生きてきたおまえ達への私の慈悲だ。お前が慈悲を望むなら!」(位置番号527)
ーサビーナの台詞ー


日本でも、オンラインゲーム「テイルスウィーバー」の原作者としても知られている韓国のファンタジー小説作家、ジョン・ミンヒさんが、別のオンラインゲームの小説として書いたのが本書です。
電子書籍限定配信本で、紙の本で言うと70ページにも満たない短さですが、なかなかに濃厚な読書体験です。
ページが少ない分、下巻は怒涛の勢いで話が進みます。
物語の中でも3年の月日が流れ、ティナとラバンは……、というところから話が始まるのですが、結末は、なんとも悲しいものでした。ラバンの苦悩が切ないですが、なぜ、こういう結末にならなくてはいけなかったのか…。
暗に示されたサビーナとラバンの関係にドキドキしたりもしつつ、自分がいかにラバンが好きだったのか感じて、読後はとても切ない気分でした。これ、ジンはやさぐれるでしょうね…。

それにしてもこの小説、ゲームの販促物として書かれたのかもしれませんが、ゲームより前の時代の物語というのがとても惜しいです。小説に書かれた時代=ゲームの時代だったら、間違いなくゲームやってたのに! なにより、最初の遠征隊12人が魅力的に過ぎます。
毎回、巻末の遠征隊の説明が楽しみすぎます。韓国らしく、挿絵が美麗なのが素敵なのです。

それにしても小説、もっと丁寧に色々と書いて欲しかったなあという印象が拭えないです。なんだか、ダイジェストを読まされてる気分なんですよね。
でも、面白いです。
まだあと三冊あるようなので、それも余裕のあるときによみたいと思います。
ルーンの子供たちが好きだった人には、やっぱりおすすめの一冊です。

スポンサーサイト



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様