FC2ブログ

2017-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひみつの妖精ハウス 真夜中のおとまり会/ケリー・マケイン 著






。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2017年読書感想39冊目)

このシリーズも続きが出ていました。なかなか順調な刊行ですね。子どもに人気があるのかな?
其れもなっとくなこのシリーズ、とても可愛らしいですよね。
主人公の女の子、ピュアと妖精たちの女の子の友情が、とてもキラキラしていて、読んでいて楽しいです。そのうえ、前のお話に出てきたリリー・ローズが、ピュアと友達になっただなんて! 私もとても嬉しかったです。
 この巻は、そんなリリー・ローズがピュアの家に泊まりに来て、真夜中のパジャマパーティと大冒険をするお話です。
 このシリーズ、明るい陽の光のお話というイメージがあったので、物語の舞台が夜になるだけで、がらりとイメージが変わって面白かったです。今回は一番好きな妖精、スノードロップが頑張っていたのも良かった。もう本当スノードロップかわいい。勿論他の妖精の個性もどれもかわいくて愛おしいもので、今回は本当にみんなよく頑張ったなぁと思います。
 リリー・ローズにも妖精が見えるという事、とても嬉しかったです。ピュアと妖精たちだけでは重すぎる秘密ではないかと思っていたので。これからは6人の力を合わせて頑張っていってほしいですね。
 それにしても、パジャマパーティが楽しそうでした。友達と一緒っていうだけで、何気ない夜も特別な魔法がかかるのかもしれないなと思います。
 これで物語も5冊目になり、ある種の折り返しなのかなあと思わなくもないですが、続きも楽しみに待っています。とても素敵な本だと思います。


この本の概要


著者 ケリー・マケイン
本(作者)の国籍 イギリス 
訳者 田中亜希子
イラスト まめゆか
出版社 ポプラ社
レーベル 
ジャンル エブリデイ・マジック
ページ数 140P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ5冊目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだったから
本の入手方法 書店にて購入

   

収録作品



内容

今夜はパジャマパーティー! 友だちのリリー・ローズが、ピュアの家にあそびにきて、夜、外でテントをはるのです。ワクワク! 妖精たちのことはひみつなので、すがたを見られないよう「かくれていてね」といってあります。
でも、その夜、どこからかぶきみな声がきこえてきて……。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・


スポンサーサイト

ミオととなりのマーメイド パーティーは海のお城で。/ミランダ・ジョーンズ 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2017年読書感想38冊目)

好きなシリーズの続きが、2冊目が出てくれる。こんなに嬉しいことってないですよね。
私にとって、続きを楽しみにしていたこの本も2冊目が出てくれて、読んで、今とっても嬉しい気持ちでいっぱいです。やっぱり、この本は素敵です!
今回、ミオは魔法の櫛でまた人魚になって、人魚の王国のために尽力するのですが、この本は何よりも、海や海の王国の描写が本当に美しくて、大好きです。この本の大きな魅力の一つになってると思います。
 今回は、多くの読者が気になっているかもしれない、ラブロマンス要素についても少し気配が感じられて、読んでるこちらとしても、ああどうなるのだろうと、ドキドキしながら読み進めていきました。ルナにもロマンスの気配があるので、こちらも楽しみです。
 今回はジンクスにスポットが当たった巻という印象でした。ジンクス、良い奴じゃないですか。
しかし個人的にはカイが気になっているので、カイの出番もこれからもっともっと増えていくといいなぁって思います。カイは今のところ、影が薄い感じがします。
 このシリーズ、ミオとルナの女の子の友情も素敵だなと思って読んでいます。
何やら次のお話は少し大変なことになりそうな気配がありますが、この友情がいつまでも壊れないでいてくれたらなぁと願うばかりです。ミオの体験していることと言ったら、本当に夢のように素敵なんですもの! 読んでいる私たちも、子供心に帰って、ミオと一緒に海の中で、色々な出来事を楽しめるのが、この本の素敵なところだと思います。人魚はやはりロマンで、私達の友達なのだろうなと、そう思います。
 あと、イラストが沢山入っているのですが、これも本当に素敵です。次の巻は半年後ということで、こちらも楽しみにしています。


この本の概要


著者 ミランダ・ジョーンズ
本(作者)の国籍 イギリス 
訳者 浜崎絵梨
イラスト 谷朋
出版社 ポプラ社
レーベル 
ジャンル エブリデイ・マジック
ページ数 161P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ2冊目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだったから
本の入手方法 書店にて購入

   

収録作品



内容

海辺の町でくらす少女ミオには、ひみつがあります。
それは、ルナという名前のすてきな人魚の友だちがいるということ。
そして、魔法のくしでかみをとかすと、ミオもほんものの人魚になれちゃうということ!

今回、人魚になったミオは、また海の世界へ!
ルナに会いたかったのですが、海の中で出会ったのは、人魚の少年ジンクス。
いつもはいじわるばかりいうジンクスですが、ミオと一緒にカメを助けて、ふたりは急接近?

そのころ、ダンスパーティーをひかえた海の王国は、じゅんびに大いそがし。
ルナにさそわれて、ミオもパーティーにでることになりました。
さあ、ドレスアップしなくちゃ!

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



黒猫ネロの帰郷/エルケ・ハイデンライヒ 著






。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2017年読書感想37冊目)

題名に心惹かれて図書館で借り、読書しました。
何となく手に取ったこの本、もうもう大当たりでした。すっかりネロ君に夢中です。
俺様で、ボス気質で、でもカリスマ性があって、実は優しい。キャラとしてあまり見かけないキャラだと思ったけれど、もうたまらなく素敵です。
ネロ君がその名前をとどろかす時の様子の爽快っぷりと言ったらないです。
そんな風に楽しく読み進めていったこの本、しかし中盤の終わり位で朝から涙してしてしまいました。
ボスだけれど心優しく繊細なネロ君の感性にやはり胸打たれます。
正直この本、邦題を見ればあらすじと落ちが予想着いちゃうのですが、大事なのはそこじゃなくて、ネロ君の心の機微とか周囲の感情なのよ、と思います。
ラスト、本当によかったです。胸に染み入ります。
の物語だけれど、まるで人間の人生の様でした。
頁の少ない薄い本の中に、色々な大切なエッセンスがぎゅっと詰まっている。そんな素敵な本です。そうして、ネロ君のようなは、ずっと心の中にいるのだろうな、とそう思えます。
読めてよかったです。


この本の概要


著者 エルケ・ハイデンライヒ
本(作者)の国籍 ドイツ 
訳者 畔上司
イラスト クヴィント・ブーフホルツ
出版社 文藝春秋
レーベル 
ジャンル アニマル・ファンタジー
ページ数 91P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? 単巻
なぜこの本を読んだか。モチーフとネロという名前に惹かれて
本の入手方法 図書館

   

収録作品



内容
めっぽう気は強いくせに、友だちや妹を可愛がる、どこか憎めないイタリアのボス描ネロ。この黒描にも次第に老いが訪れる。情愛豊かな育ての親との暮らしを続けるか、それとも、なつかしの生まれ故郷イタリアで安らかな老後を選ぶか?ネロは悩んだすえ一大決心をする…。ドイツで30万部をこす大ベストセラー、世界各国であいついで翻訳されている「大人の絵本」。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。