FC2ブログ

2018-01

暁の女王マイシェラ エルリック・サーガ4/マイクル・ムアコック 著




。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2018年読書感想2冊目)


訳者さんの言葉ではないけれど、エルリックもやっと四冊目です。何度読んでも、そのたびに新しい視点と感慨を抱かせてくれるこのシリーズは、やっぱり私にとっては大切なシリーズです。
かつて、エターナル・チャンピオンほど、エルリックほど、宿命や神々、宇宙の意志に翻弄された人物はいただろうか、と思います。
しかしそれは、程度の差こそあれ、現代に生きる我々も同じことで、そう考えると、メルニボネ人でありエルリックは、現代人の我々をして鏡なのだなと思わされます。
そんな感慨を抱かせる一方で、この話はやはりファンタジーを感じさせる十分な要素がふんだんに出てきて、純粋に胸を熱くさせます。
この巻はそういったエンターテインメントの部分も本当に素晴らしく、悪役のセレブ・カーナはいささか小物ではあるものの、ファンタジーとして存分に楽しめます。
それにしても、マイシェラ、オーベック伯とエルリックに対する態度が別人ですね。エルリックに対するマイシェラがかわいらしい。
あとこの巻では、ラッキールも再登場し、エルリックとともに戦う様子が熱いです。ラッキール好き。
宿命に、神々に、多次元宇宙に翻弄されるエルリック。
この巻の最後のセリフが、心にいつまでも響きます。
「ああ、呪われよ、呪われよ、呪われよ」
どうかエルリック安らぎあれと思ってしまいますが、タネローンでさえエルリックに安らぎをもたらせないのですから、安らぎというのはなんというむなしく儚い響きなのだろうと感じさせます。
この、哲学的な要素が、エルリックの魅力の一つに違いないと、心からそう思います。



この本の概要


著者 マイケル・ムアコック
本(作者)の国籍 イギリス
訳者 井辻朱美
イラスト 天野義孝
出版社 早川書房
レーベル ハヤカワ文庫SF(606
ジャンル ハイ・ファンタジー
ページ数 252P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ4冊目
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだから
本の入手方法 図書館にて

   

収録作品



内容

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・
スポンサーサイト



死神うどんカフェ1号店別腹編☆/石川宏千花 著


。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・


(2018年読書感想1冊目)

このシリーズも大好きなシリーズです。
また彼らと会えるなんて! と、今更ながらではありますが、歓びに浸りながら読みました。
しかも視点人物は、私の大好きな深海さん! これは読んだときにテンション上がりました。
深海さんと希子ちゃんは性格というかが似てるなと思ったので、あまり違和感なく読めるのも好印象です。
お話としてはまさしく番外編といった感じなのですが、やはり石川さんは、この年頃の子の感情を書くのがうまいなーと思いました。
潔癖でありながら、ちょっとずるくもなれるというか、でも潔癖というか繊細というか。
今回の事件は、真相というかがなかなかに重く、切なかったけれど、前向きなラストに救われました。
ヤングアダルトを結構読んでいますが、石川さんの本に出てくる大人は、優しくて、さりげなくて、格好いい。理想の大人だと思います。こういう、等身大の子供に対して、理想の大人を描くのがヤングアダルトというジャンルの一つの側面なのかな、と思いました。
私は石川さんの描く物語が大好きで、きっとそれは、切なさの中に優しさが、優しさの中に前を向く力が、隠されているからなのだと思いました。
そして死神の皆さんは相変わらず仲が良くてとてもよいですね。
別腹編の続編も希望するのですが、なかなか難しいかな。
しかし、彼らに再び会えただけで、心から嬉しくて、またこのシリーズが、やはり大好きだと思えた、そんな一冊でした。


この本の概要


著者 石川宏千花
本(作者)の国籍 日本 
訳者 
イラスト 庭
出版社 講談社
レーベル YA!ENTERTAINMENT
ジャンル キャラクター文芸
ページ数 226P
フォーマット 紙本
ノンシリーズかシリーズものか? シリーズ番外編
なぜこの本を読んだか。このシリーズが好きだったから
本の入手方法 図書館にて

   

収録作品



内容

人間は、死神のダンスを見ることによって死ぬ。
だから、死神は知っている。霊なんて、この世に存在しないことを。
ひょんなことから死神をやめ、人間界で《死神うどんカフェ1号店》を開いた星海九嵐のもとに、ある日奇妙な依頼が持ちこまれる。「知り合いが経営している《オカルトアート美術館》に出るという霊がホンモノなのかどうか、調査してほしい」というものだ。「霊の存在を信じないなら、証明できるか」と。
依頼を引き受けた星海九嵐と現役の死神、花園深海と福富一淋は、北関東のとある地方都市へ向かう。はたして、美術館に出るという〈ドレスを着た女の幽霊〉の正体を、死神たちは見破ることができるのか?

「死神うどんカフェ」シリーズ、大好評につき、まさかのおかわり!
とっておきの別腹を、お楽しみください。

。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・・



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様