FC2ブログ

2019-11

グスコーブドリの伝記 宮沢賢治絵童話集10(宮沢賢治)

グスコーブドリの伝記 (宮沢賢治絵童話集)
グスコーブドリの伝記 (宮沢賢治絵童話集)
  • 発売元: くもん出版
  • 発売日: 1993/07



(2012年感想79冊目)

宮沢賢治 著  スズキコージ 棟方志功 絵
おすすめ度★★★☆☆(素晴らしい童話なのでしょうが、私にはイマイチでした。)


「私のようなものは、これから沢山できます。私よりもっともっと何でもできる人が、私よりもっと立派にもっと美しく、仕事をしたり笑ったりしていくのですから。」(p53)


先ごろ映画も公開された、宮沢賢治の最晩年の童話、「グスコーブドリの伝記」を友達からずっと前に借りていたので、これを機会に読みました。同時収録に短編、「オツベルと象」があります。

木こりの息子のグスコーブドリが、飢饉によって家族を失い、農業をし、勉学に励み、最後には火山観測所の人間となり、自己犠牲の精神から人々を、自分を苦しめた飢饉から再び救う……、というお話です。

この話は、雨ニモマケズに通じるものがあります。つまり、賢治の理想としていた人生の童話なのです。
無私となり、人々のことを考え、自分を犠牲にしていく。今の時代の人々が、ブドリのように生きれたらどんなにかいいでしょうか。そう思わされます。まあ、あくまでそれは一種の理想なのでしょうが……。
理想がなければ人々は生きていけない。だからこそ理想は尊いのだなあ、と思わされた一冊でした。
でもまあ、現代の人々にはちょっとブドリに共感するのは難しいかも、と思ってしまいました。斜に構えてしまうんですよね。かくゆう私も、一読目はこの童話の良さがわからなかったです。
あと、絵が独特かな。この独特な絵が、またいいのかもしれませんが。私の好みからするとちょっと外れているかなあというのが残念。
オツベルと象は、オツベルが可愛かったです。

このグスコーブドリの伝記という話は、賢治を知る上では欠かせない一篇。一読の価値はあると思います。


スポンサーサイト



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://enchantedbooks789.blog.fc2.com/tb.php/349-7647a122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

はるかな空の東 クリスタライアの伝説(村山早紀) «  | BLOG TOP |  » ユニコーン・ソナタ(ピーター・S・ビーグル)

プロフィール

マユリ

Author:マユリ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ(タブ)

カテゴリ

未分類 (6)
紅茶・お茶・珈琲 (9)
海外ファンタジー (202)
ハイ・ファンタジー (105)
エブリディ・マジック (50)
アーバン・ファンタジー (22)
アニマル・ファンタジー (9)
ヒストリカル・ファンタジー (16)
国内ファンタジー (70)
異世界ファンタジー (58)
日常の不思議 (11)
神話・伝説・童話 (31)
神話 (4)
伝説 (9)
童話 (18)
ロマンス (14)
SF (29)
少女小説 (76)
ラノベ (26)
BL・JUNE・少年もの (20)
BL (14)
JUNE (3)
少年物 (3)
ミステリ・ホラー (38)
ミステリ (31)
ホラー (7)
古典・文学 (8)
現代小説 (7)
ヤング・アダルト・児童書 (114)
YA (58)
高学年 (29)
低学年 (27)
絵本 (34)
戯曲・詩 (4)
幻想・耽美小説 (7)
ハードボイルド (1)
伝奇 (2)
歴史・時代物 (4)
ノヴェライズ (4)
漫画 (5)
日記 (2)
このブログについて (1)
未選択 (2)
キャラクター文芸 (3)
エッセイ (1)

タグ

美青年 王子 美少年 王女 魔法使い 妖精 異世界 騎士 吸血鬼 双子 学校 海賊 ドラゴン 兄妹 女王 吟遊詩人 アーサー王伝説 中華風 三角関係 身分違い 兄弟 巫女 西洋風 人狼 姉妹 エリザベス朝 本・図書館 ケルト  妖怪 近未来 おすすめ 姉弟 切ない 神父・シスター 人造人間 天使 幼馴染 ユニコーン ヴィクトリア朝 お店物 RPG小説 軍人 和風 人魚 食べ物系 学園 中世 人形 ホームズ 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

訪問者様